工場勤務の体の悩み

ヘルメットを被る人必見!正しいシャンプーのやり方【6つ+注意点】

ヘルメットを被って仕事をしたりバイクに乗る方、「今日は頭蒸れたなぁ」と思う時ありませんか?

頭皮も汗をかくので、その汗を放置しておくと『雑菌』が繁殖してしまい、頭皮や毛髪の環境を悪化させてしまうのです。

ファブリーク
ファブリーク
頭皮環境が悪いとハゲる原因となってしまいます。

なので、ヘルメットを被って頭が蒸れてしまったら、頭皮や毛髪をシャンプーでキレイに洗って雑菌を繁殖させなければいいのです。

しかし、間違ったシャンプーの方法で洗っていると、キレイにしているつもりでも頭皮や毛髪にさらなるダメージを与えていることになるのです!

本記事では、普段からよくヘルメットを被る方に向けて、正しいシャンプーのやり方と注意点を紹介します。

ファブリーク
ファブリーク
行きつけの美容師さんに正しいシャンプーのやり方を聞いてみました。
ポチ
ポチ
歳を取るにつれて髪の毛の重要性を身に染みて感じるよな!

【この記事がおススメな人】

  1. 普段からヘルメットを被る人
  2. 正しいシャンプーのやり方を知りたい人
  3. 薄毛対策を行っている人
  4. ハゲたくない人

 

シャンプーを付ける前の工程が大切

シャンプーはシャンプー剤を付ける前の工程が大切だと言われています。

この工程を面倒臭がってやらないでいると、過剰に頭皮や毛髪にダメージを与えてしまっていることもあります。

まずは、シャンプー剤を付ける前の『準備』をしっかり行いましょう。

 

①洗う前にブラッシングをする

「これから頭を洗うのにブラッシングする必要あるの?」と思うかもしれませんが、洗う前のブラッシングには以下の目的があります。

  • 髪の毛のほつれをとる
  • 頭皮の皮脂汚れを浮き上がらせる
  • 頭皮をマッサージする

使用するのは『シャンプーブラシ』というもので、シリコン製のブラシにクッションが付いた以下のような商品です。

ファブリーク
ファブリーク
コームなどのブラシを使用すると、クッションがないので頭皮にダメージを与えてしまう可能性が高いです。
ポチ
ポチ
頭皮を心地良く刺激してくれるから気持ちがいいぞ!

また、整髪料を付けている場合は、絡まった毛髪を指でとかして毛の流れを整えておきましょう。

予洗いする時のお湯が流れる道を作ることと、シャンプーをする際の指どおりが良くなる効果があります。

体質的にフケが出やすい人やスポーツで汚れやすい方は、できればブラッシングの工程でしっかり汚れを落としておきたいですね。

 

②お湯で予洗いをする

『予洗い(よあらい)』とは、シャンプーをする前にお湯だけで頭皮や毛髪の汚れを洗い流すことです。

お湯だけでも頭皮や毛髪に付着して皮脂やホコリなどの汚れを落とすことができるので、時間にして2~3分、ゆっくり時間をかけて予洗いしましょう。

ファブリーク
ファブリーク
髪を濡らすというイメージではなく、頭皮をマッサージするように皮脂を流しましょう。
ポチ
ポチ
指の腹を当てて弧を描くように手を動かそう!

また、温かいお湯で毛穴が開くので、毛穴に入り込んだ汚れをシャンプーでキレイさっぱり除去する手助けとなります。

 

シャンプー剤を付けて指の腹で洗う

予洗いが終わったらシャンプー剤を付けて頭を洗っていきます。

シャンプーはモコモコの状態にまで泡立ててもいいですが、シャンプー剤を大量に使用するのは毛髪を傷めたり洗い流しの原因になるので注意しましょう。

シャンプーは1回あたり1プッシュで、原液を手のひらで伸ばして頭皮全体になじませればOKです。

 

③シャンプーで『頭皮』を洗う

シャンプーをする時は以下の点に注意しましょう。

  • 指を開いて洗う
  • 指の腹で洗う
  • 弧を描くように洗う

シャンプーを頭皮になじませる段階でシャンプー剤がある程度泡立っています。

そして、指を開いて指の腹で弧を描くように洗うことで空気を含むことができるので、しっかり泡立ってきます。

泡立ったシャンプーは毛髪に浸透していくので、髪の毛をゴシゴシと上下に動かして洗わなくてもいいのです。

「ちゃんと洗えている気がしない」と思って爪を立ててしまうと、毛髪や頭皮にダメージを与えてしまうので、髪の毛ではなく頭皮を洗うイメージでシャンプーしていきましょう。

 

④シャンプーをしっかり洗い流す

シャンプーはしっかりと洗い流さないと、老廃物として頭皮に残ってしまいます。

シャンプーの成分で痒みや炎症を起こし、薄毛トラブルの原因につながる可能性もあるので、3~5分は洗い流しましょう。

  • 耳の裏
  • 後頭部
  • 生え際
  • 襟元

このような洗いにくい場所にシャンプーが残りやすいので、ヌメリがないかチェックしながらシャワーを当てていきましょう。

ファブリーク
ファブリーク
美容師さんでも耳の裏などは流し忘れやすいから注意しているみたいです。
ポチ
ポチ
薄毛トラブルに巻き込まれたくないなら、すすぎはをサボったらいけないぞ!

 

シャンプー後は髪の毛と頭皮をしっかり乾かす

「キレイに洗ったからOK!」ではなくて、しっかりシャンプーしたからこそ、乾かすところまで面相がらずに行いましょう。

頭皮や毛髪の環境を整えるには、乾かし方も大切になってきます。

 

⑤乾かす前にタオルドライをする

ドライヤーで乾かす前に、タオルドライを行いましょう。

タオルを使用してある程度髪の毛の水分を取っておくことが大切です。

タオルドライをする時に注意したい点は、早く乾かしたいからといって、ゴシゴシと髪の毛をこすり合わせないようにすることです。

摩擦によって髪の毛やキューティクルにダメージを与えてしまうので、バスタオルなどの大きめのタオルで頭皮を包み込んで、頭皮をマッサージするように水分を吸い取りましょう。

ファブリーク
ファブリーク
  髪の毛の傷みが気になる人は、洗い流さないトリートメントを使うのもおすすめです。
ポチ
ポチ
シャンプーの後に使用することで、毛髪への保湿効果やダメージを補修する効果があるぞ!

 

⑥ドライヤーで乾かす

タオルドライしたあとは、ドライヤーを使用して乾かしていきましょう。

男性の場合髪が短いと「ドライヤーなんて面倒臭い!」と思うかもしれませんが、濡れたままの状態は髪の毛を傷めやすく、頭皮の菌も繁殖しやすい環境になっています。

  • 菌の繁殖を防ぐため頭皮までしっかり乾かす
  • 頭皮や毛髪を傷めないように20㎝程話して乾かす
  • 乾燥しすぎないように同じところに風を当てない

以上のことに気をつけてドライヤーで乾かしましょう。

 

シャンプーをする時の注意点

シャンプーの工程の他に、シャンプーをする時の注意点を紹介します。

正しい方法・目的で、頭皮と毛髪のケアを行いましょう。

 

シャンプーは頭皮の洗浄が目的

『シャンプーは頭皮の洗浄が目的』ということを意識してシャンプーしましょう。

「いっぱい泡立てて髪の毛を洗えばいいんでしょ?」という考えでシャンプーをやっていると、爪を立ててしまったり髪の毛をこすりつけるように洗ってしまうので、毛髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

ファブリーク
ファブリーク
水を含んだ髪の毛は外部からの刺激に弱いので、頭皮を洗うことを目的にしましょう。

「頭皮に溜まった老廃物や皮脂の汚れを落とそう!」と意識することで、指の腹で弧を描くように動かすという基本動作が染み付いてきます。

また、普段動かさない頭部の筋肉を動かすことで、血行促進の効果もあります。

目的を間違えてシャンプーを行うと、間違った洗い方で毛髪や頭皮にダメージを与える結果となるので、『頭皮を洗う』という意識でシャンプーをするのがおススメです。

ポチ
ポチ
キレイに洗いたいなら、意識することが大切だ!

 

その日の汚れはその日のうちに

その日の汚れやスタイリング剤は、その日のうちに落とすようにしましょう。

翌朝にシャンプーをすると、必要な油分や皮脂までも洗い流してしまったり、髪の毛や頭皮が乾燥しやすくなることもあるからです。

これが習慣化してしまうと、髪の毛がパサついたり、フケや痒みが出る原因にもなってしまいます。

その日のうちにシャンプーするのが1番ですが、忙しくてお風呂に入る時間がない場合は、頭だけでも湯洗いでしっかり汚れを落とすようにしましょう。

ファブリーク
ファブリーク
酔っ払ってそのまま寝たり、疲れたから翌朝にシャンプーする日が続かないように気をつけましょう。
ポチ
ポチ
心も体もスッキリしてから寝たいよな!

 

お湯の温度は適温で

頭皮の汚れや皮脂を落とす適正温度は、36℃〜38℃といわれています。

「少しぬるい」と感じる温度ですが、高温に設定すると必要な皮脂まで溶かしてしまうので、頭皮を傷めてしまったり乾燥の原因となります。

約38℃のお湯でしっかり流すことで、頭皮へのダメージが軽減できて健康的な髪を維持できます。

ファブリーク
ファブリーク
目安として適正温度も覚えておきましょう。
ポチ
ポチ
ヘルメットをかぶっても健康的な髪の毛を手に入れよう!

【⇓シンフォートの炭酸シャンプーを使用すれば頭皮環境をキレイに保てます⇓】

シンフォート炭酸シャンプーの口コミ&レビュー!頭皮環境を整えよう!工場で働いている人の大きな悩みの1つ【頭皮問題】 ヘルメットを被りながら仕事をしなければいけないので、どうしても《蒸れたり・擦れた...

 

まとめ:正しいシャンプーのやり方で頭皮と髪の毛を健やかにキレイを保とう

シャンプーをする時の注意点
  1. 洗う前のブラッシングで汚れを落とそう
  2. 予洗いはお湯で時間をかけて流そう
  3. シャンプーは指を開いて指の腹で弧を描くように
  4. 流しにくい場所を重点的にしっかり流そう
  5. タオルドライは頭皮を包み込むように
  6. ドライヤーで菌の繁殖を防ごう
  • 頭皮の洗浄を意識してシャンプーしよう
  • その日の汚れはその日のうちに落とそう
  • お湯の温度は36℃~38℃を目安にしよう

普段からよくヘルメットを被る人は、蒸れたりして菌が繁殖しやすい環境となっています。

正しいシャンプーを行うことで、頭皮や毛髪の環境を良くすることができるので、ここで紹介した注意点を意識しながらシャンプーをやっていきましょう。

ABOUT ME
ファブリーク
ファブリーク
当サイトでは、工場の仕事に興味のある人や工場の仕事から転職したい人に向けて、10年以上工場勤務を続けてきた経験を元に、工場勤務の【仕事内容・人間関係・メリット・デメリット・役立つ商品・必要な免許】などを紹介しています。
<