工場勤務

工場勤務で腕時計は必要?使用するならG- SHOCKがおすすめ!

「腕時計なくてもスマホで確認できるからいいや」という人もいるように、腕時計を持っていなくても生活に不便はないような時代になりましたよね。

しかし、社会人になると色々と【時間】を気にすることが増えますよね。

人前でスマホを出して時間を見るのも失礼だし、腕時計を使用することによって『周囲の人に与える印象』は大きく変わってきます。

では、工場勤務で腕時計は必要なのでしょうか?

仕事の環境によっては腕時計が禁止の職場もあるし、腕時計をしていることによって怪我をすることもあります。

ここでは、工場勤務で腕時計は必要なのかどうか、必要ならどのような腕時計がいいのかを紹介していきます。 

工場勤務に腕時計は必要か

 そもそも工場勤務に腕時計は必要なのでしょうか?腕時計を付けている人は多いのでしょうか?

結論から言うと、腕時計を付けている人もいれば付けてない人もいます。

作業をする場所に時計があれば必要ないし、腕時計が邪魔だと思う作業もあることでしょう。

逆に時計がない作業場所もあるだろうし、工場内を歩き回ったり屋外で作業をする人だったら腕時計をしていた方がすぐに時間を確認できますよね。

また、食品会社などの企業によっては腕時計だけでなく指輪やピアスの着用を禁止しているところもあります。

ニュースなどでも取り上げられますが、異物混入等の原因にもなる可能性があるからです。

このように、会社によって腕時計の着用が禁止だったり、仕事との内容や環境によって、腕時計が必要なのかどうかは様々です。

あなたの作業環境で腕時計が必要か判断しなければいけないということになります。

工場勤務に腕時計は危険!?


  • 扱う製品によっては少しぶつかっただけでキズが付いてしまう
  • 荷物を運んだり、商品を組み立てる時に邪魔になる
  • 腕時計が引っ掛かり怪我をする
  • 機械に腕時計が巻き込まれて怪我をする

このように、腕時計が仕事に支障をきたすことも実際にあります。

腕時計を製品にぶつけてキズをつけてしまったり、腕時計が邪魔になって作業能率が落ちるのも良くないのですが、一番嫌なのが腕時計をしていることによって怪我に繋がる可能性があることです。

キズをつけたり能率が遅れるだけなら怒られれば済むことかもしれません。

しかし、怪我をすることは自分が痛い思いをするだけでなく、周囲の人に迷惑をかけたり家族を悲しませることになってしまいます。

腕時計が引っ掛かって怪我をしたという話は聞いたことは無いのですが・・・

脚立の上で作業している時に、バランスを崩して脚立から落ちてしまった人がいたそうです。

その際に、柱に付けていたフックに指輪が引っ掛かって指を切断してしまった、というのをテレビで見たことがあります。

腕時計もどこかに引っ掛かったり、機械に巻き込まれてこのような災害に繋がる可能性があるので、仕事内容や仕事環境に注意して腕時計をつけるか外すか判断した方がいいですね。

工場勤務は汚れやキズが付きやすい


工場勤務の仕事の中には、汚れやすい仕事があります。

油でベトベトになる仕事もあれば、埃まみれになってしまう仕事もあるし、ぶつかったら切創してしまうような鋭利なものや工具を扱ったりする仕事もあります。

その為、仕事内容や作業環境によっては腕時計が汚れたりキズがついたりする可能性が高いです。

汚れたりキズがついたりするのが嫌なら、工場勤務にロレックスやオメガなどの高価な腕時計は控えた方がいいでしょう。

それよりも耐久性があったり、使い勝手のいい腕時計を選んだ方がいいです。

工場勤務で腕時を着用するなら【G- SHOCK】

工場勤務で腕時計を着用するならCasio(カシオ)の【G-SHOCK】がおススメです。

工場の仕事では製品や周囲のものにぶつける可能性が大きいので耐久性に優れた【G-SHOCK】なら、キズも付きにくく壊れる心配もありません。

時計自体が汚れても防水なのでジャブジャブ洗っても壊れませんし、仕事で汚れた手と一緒に洗っても大丈夫です。

しかも、最近の【G-SHOCK】は、スマホアプリと連携することで歩数や消費したカロリーを算出してくれるなど、とても便利な機能がついているものが増えました。

仕事中にどれだけ歩いてどれくらいカロリーを消費したかなど、スマホと連携してデータを確認するのも面白いですよ。

【G-SHOCK】はゴツゴツしたイメージがあって作業に邪魔になりそうですが、スマートな形のものもあるし、とてもお洒落になりました。

値段もピンキリで金属のものからゴム製のものなど種類も豊富なので、あなたの目的にあった腕時計が探しやすいです。

ただ単に仕事中に時計を見るという訳ではなく、アプリと連動することで楽しさが倍増するので、汚れたりぶつけたりすることの多い工場勤務にピッタリの腕時計といえます。

まとめ

工場勤務で腕時計が必要かどうかというのは、腕時計禁止の職場もあるので、仕事内容や仕事環境次第では、絶対に必要だとは言い切れません。

しかし、スマホをいちいち取り出して時間を確認するより断然いいですし、社会人として「自分が周囲に与える印象」に大きくかかわるので腕時計はしていた方がいいです。

腕時計ではなくてスマホをで時間を確認していると、どうしてもルーズなイメージがついてしまいます。

そして、工場勤務で腕時計をするなら【G-SHOCK】がおすすめです。

  • 耐久性に優れている
  • 仕事で汚れても洗える
  • スマホと連携できて多機能

僕も実際に【G-SHOCK】を使用していますが、やはりタフネスで安心できるので耐久性を気にしなくてもいいので気が楽です。

いい意味で雑に扱ってもいいという感じで、そこがG-SHOCKの良さの一つです。

そこにスマホアプリと連携できる機能性がプラスされたので、プライベートでも楽しめるので、使い道の幅が広がったなと感じます。

工場勤務で腕時計に悩んでいたら、是非G-SHOCKを試してみて下さい!

工場勤務で腕時計をするなら【G-SHOCK】

ABOUT ME
アバター
sudakosan
当サイトでは、工場の仕事に興味のある人や工場の仕事から転職したい人に向けて、10年以上工場勤務を続けてきた経験を元に、工場勤務のメリット・デメリット・人間関係・工場勤務の体調管理などについて紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

<