工場勤務

工場勤務でいじめが起きるのはなぜ!?標的にされない為の5つの方法

工場勤務は先輩後輩の上下関係が強く、後輩は先輩に逆らえないような雰囲気がまだまだ残っている職場が多いです。

その為、先輩が後輩に対して嫌がらせをしたり、怒鳴り散らしたりする光景を見ることがあります。

  • 必要以上に殴ったり蹴ったりしてくる
  • 気に入らないことがあると仕事終わりに呼び出す
  • 仕事ができな人をみんなで馬鹿にする
  • 強制的にお昼代や飲み物のお金を払わせる
  • 一発芸などやりたくもないことを強制的にやらされる

これらは全部、僕が実際に目撃したり話に聞いたエピソードです。

社会人とは思えない、いつまでも学生気分が抜けないみっともなくて恥ずかしい行為です。

工場勤務などの男性の多い職場で働いているこれを読んでいるあなたも「同じようなこと自分の職場でもある!」と共感しているのではないでしょうか。

ここでは、職場でのいじめに悩んでいる人に向けて、工場勤務でいじめが起きる理由やいじめへの対処方法を紹介します。

どうして工場の職場でいじめが起きるのか

工場の求人を見ると【学歴・経験・年齢不問】で募集している会社が多いです。

そのせいかクセの強い人が集まりやすい傾向にあります。

  • 学生時代にヤンチャをしていたヤンキー気質な人
  • 学生時代にパッとしない内気な性格の人
  • 「この人大丈夫?」と思うような、頭のおかしいおじさん

様々な性格の個性豊かな人たちが働いています。

頭のおかしいおじさんたちは放っておいても大丈夫なのですが、問題なのはヤンキー気質な人と内気な性格の人たちです。

学生時代の名残りからなのか、オラオラ系の強気な人達が内気な性格の人たちに対して、いじめや嫌がらせをしたりするのです。

強い人が弱い人をいじめる、ジャイアンがのび太をいじめるような世界が工場の職場では起こることがあるのです。

工場勤務は頭がおかしい人が多い!クセの強い人の特徴と7つの対処方法工場勤務の職場には「頭おかしいだろ!?」と思ってしまうような人が他の職場よりも多い気がします。誰でもできるような仕事ばかりだし、低学歴人でも入社できるし、ちょっと変わっている人たちが集まりやすいのかもしれないですね。ここでは、頭がおかしいと感じる人の特徴や心理と、上手く付き合っていく5つの対処方法を紹介します。...

オラオラ系の人に限って仕事ができる

工場の職場では、なぜかオラオラ系の人に限って仕事ができることが多いです。

負けず嫌いで積極的に行動するからか、仕事を覚えるのが早いです。

「みんなより仕事ができないと馬鹿にされる」とか「早く仕事を覚えてみんなより優位な立場にいたい」というような、周囲の人に負けたくないという気持ちで仕事を覚えていきます。

性格の悪い人だと「早く仕事覚えてみんなのこと馬鹿にしてやろう」などと考えているかもしれませんね。

実際に「あいつは不器用だから仕事覚えるのが遅い」とか「あいつって仕事下手くそだよな」という話を聞いたこともあるし、「○○さんの方が入社早かったのに、自分より仕事できないよな」などと、先輩や上司まで馬鹿にしている人もいます。

そんな悪口や文句の話を耳にしても、オラオラ系の人が怖くてみんな何も言えないのです。 

威圧的な態度なので何も言えない

 オラオラ系の人は自分が気に入らないことがあるとすぐに【威圧的な態度】をとります。

  • 頭にくることがあったら睨みつける
  • 仕事が遅いと感じると「もっとはやくできないのかよ!」と怒る
  • 自分の思い通りにいかないとイライラして八つ当たりする

みんなこのような威圧的な態度が怖くて何も反抗することができません。

ビクビクしながら言うことを聞くしかなくなってしまいます。

なので、みんなが反撃してこないことをいいことにどんどん嫌がらせがエスカレートし、いじめへと繋がっていくのです。

威圧的な態度をとる人は、学生時代にヤンチャをしていたとか喧嘩が強かったなどと武勇伝を語ったりするので、「○○さんの機嫌を損ねたらひどい目に合うんじゃないか」と怯えてしまい、みんな言うことを聞くしかなくなるわけです。

威圧的な上司への対応はどうしたらいい!?上手に身を守る5つの方法あなたは職場にいる威圧的な態度で接してくる先輩や上司との付き合い方に悩んではいませんか?その先輩や上司に一度目を付けられると、毎日のように罵倒されたり馬鹿にされたり、嫌がらせをされたりしたら、心身共に疲れ果ててしまいますよね。ここでは威圧的な態度をとってくる先輩や上司から身を守る方法を紹介しています。...

仕事ができるオラオラ系の人が仕事ができない内気な人をいじめる

上記の結果、仕事ができるオラオラ系の人が、仕事ができない内気な人をいじめるようになってしまうのです。

  • 自分の仕事のペースに合わない
  • 自分の仕事のやり方と違う
  • 自分の思い通りに仕事ができない

自分が周囲の人よりも仕事ができるものだから、このようなことでイライラしてしまいます。

『あいつは仕事ができない』とレッテルを貼り

自分より仕事のできない下の人間だと判断する

「このノロマ!」とか「下手くそ!」などと暴言を吐いたり、

「仕事できないんだから俺の言うことは聞け!」と威圧的な態度になる

パシリに使ったり、エスカレートして【いじめ】となっていく

このように、仕事で溜まったイライラを、自分より弱い人間だと判断した人にぶつけているのです。

その反面、自分より仕事ができる人には下手に出て、裏では悪口・文句を言っていても、先輩や上司の前ではヘコヘコして悪い性格の部分を隠そうとします。

悪い部分を上司が気付かないとそのまま昇進したり上司からの評価が上がるので『自分はみんなより優位な立場にいる』と判断してしまい、余計に下の人間をいじめるようになります。

ある意味賢い生き方をしているわけです。

 いじめのターゲットにならないための対処方法【5選】

このような威圧的な態度をとるオラオラ系の人に【いじめのターゲット】にされたら、ひとたまりもありませんよね。

会社を辞めたくなって当然です。

いじめのターゲットにならない方法、いじめの被害を少なくする方法を紹介します。

いじめてくる人にビクビク怯えながら仕事をするなは、もうやめにしましょう。

落ち込まないで自信を持とう

相手に「仕事が遅い!」とか「不器用な奴だな!」などと馬鹿にされたりすると、

・「自分の仕事が遅くてイライラさせてしまった」

・「不器用だから迷惑かけちゃってる」

などと自分を責めて、自信をなくしていませんか?

仮にあなたの仕事が遅かったとしても、「もっと上手く仕事できないのかよ!?」と怒る人もいれば、「だんだん上手くなってるから大丈夫だよ」と次につながるような言葉をかけてくれる人もいます。

いじめる人は怒ることでしか自分の感情をコントロールできません。

「俺は悪くない、あいつの仕事が遅いのが悪いんだ」と勝手に怒る理由を作り出したり、変な言いがかりをつけてきたり、感情をコントロールできない為に八つ当たりしてくることもあるのです。

こんなのいじめる側のただのストレス発散ですよね。

ですから、あなたには全く非はありません。

いじめる側の言葉を真に受けて自信を失うことなんてないのです!

劣等感を克服する4つの方法!仕事ができない自分を好きになろう!仕事ができない自分が嫌いだと劣等感を感じている人が、劣等感を克服して自信を持てるようになる方法を紹介しています。この記事を読めばもっと自分を好きになれてより良い人生を生きていくことができますよ。...

自分のプライベートは話さないようにする

いじめてくる人には自分のプライベートの話はあまりしないようにしましょう。

いじめる側の人はあなたのことを『自分より下の人間だ』と勝手に思い込んでいます。

自分より少しでも上の部分があるとわかると、すぐにでもその話に食い付き攻撃を始めてきます。

・あなたが新車を買ったことを耳に挟むと「どうして俺より仕事できないのに、そんなにいい車買えるんだよ!」と怒ってくる。

・もしあなたに可愛い彼女がいたら「あいつの彼女可愛いらしいな、仕事もろくにできないやつのどこがよかったんだろうな」と、みんなに馬鹿にしたように話す。

このように、いじめる側の人間はあなたにとっていい話を否定して、怒ったりみんなの前で馬鹿にして話したりします。

プライベートの話からいじめや嫌がらせに繋がることもあるので、自分からプライベートの話をペラペラしゃべるのは気を付けましょう。

悪口だらけの職場はイヤ!悪口から身を守る4つの対処方法あなたの職場には悪口が大好きで、毎日のように周囲の悪口ばかり話している人はいませんか?どこの職場にも他人の悪口ばかり言う人っているものです。それにしても、なぜ人の悪口ばかり言って話を盛り上げようとするのでしょうか?ここでは、悪口大好きな人の心理と対処方法を紹介しています。...

仕事能力を認めてもらう

いじめる人にあなたの仕事能力を認めてもらうことができればいじめられる可能性は低くなります。

「今すぐ仕事が上手くなるなんて無理だよ!」と思うかもしれませんが、小さなことからでいいのでコツコツ取り組んでいけばいいのです。

僕の職場で、毎日のように「お前はホントに仕事ができないな!」などと馬鹿にされ、先輩にきつく当たられている後輩がいました。

その後輩は、嫌がらせをしてくる先輩が苦手な仕事を自分から引き受け、その仕事をひたすら頑張ってやっていたそうです。

数か月経ってその仕事のコツを覚えた後輩は、いつの間にか嫌がらせをする先輩よりもその仕事が上手くなっていたそうです。

すると先輩の態度は徐々に変わり、嫌がらせをされたり馬鹿にされたりすることがほとんどなくなったそうなのです。

この後輩のように、いじめる側の人の苦手な仕事を頑張ったり、いじめる人よりもあなたの得意な分野の仕事を頑張っていれば、その姿をみた相手の態度は変わっていくことでしょう。

何か一つだけでもいいので、いじめる人より突出できるような仕事を頑張ってみて下さい。

周囲の人に相談する

上記のように個人の力でいじめを解決できない時は、周囲の人に相談しましょう。

周囲の人と良い信頼関係ができていれば、その中にはあなたのことを心配している人が必ずいるはずです。

いじめる側の人とあからさまに距離をとって嫌がっている人がいれば、その人あなたよりの考えを持っている見方の可能性が高いです。

実際に僕が、いじめる側の人を嫌っていた人物で、

ある日「○○さんって、××先輩(いじめる先輩)のこと嫌いですよね?」と近づいてくる後輩がいました。

僕が(なぜわかったんだ・・・)と戸惑っていると「あからさまに態度に出てます(笑)」と言われました。

何を隠そう、僕は顔に出やすいタイプなのです。

そして『いじめられていて困っている』と相談してきたので、僕は一緒に上司に相談に行きました。

その後上司が対応してくれて、後輩といじめる先輩は違うグループに配属されるようになりました。

僕のケースのように、いじめる側の人間を嫌っている人は意外と多いものです。

そのような人たちを見つけて信頼関係を築いていけば「一緒に頑張ろう!」とか「一緒に上司に相談に行こう」と、あなたと一緒に戦ってくれる仲間となってくれることでしょう。

上司が怖いから会社を辞めたい!と思った時の相談先5つあなたの職場には毎日のように怒鳴ったり威圧的な態度をとってきたりするパワハラ上司はいませんか?その上司が怖くて毎朝ため息をついたり、夜眠れなくなるほど辛い思いをしている人も多いのではないでしょうか?ここでは、パワハラ上司の人間関係に悩んでいる人に向けて、5つの相談先を紹介しています。...

いじめの内容を残しておこう

男性の多い工場勤務の場合、殴られたとか物を投げられたとか直接的に攻撃を受けるいじめがあります。

感情をコントロールできない、社会人とは思えないような恥ずかしい行為です。

暴力を振るわれるほど深刻ないじめの場合、その内容をボイスレコーダーに録音したり周囲に協力してもらって動画を撮るなどして記録に残しておきましょう。

万が一あなたがうつ病になってしまったり、法的処置をとる場合の証拠となるからです。

労災として申請したり、いじめた相手に慰謝料を請求する場合、会社側がすんなりいじめやパワハラと認めてくれない可能性もあります。

その為「いつ、どこで、誰に、どのような」パワハラを受けたのかという内容を記録として揃えておきましょう。

いじめは我慢せずに転職しよう!

ここまでいじめに対する対処方法を紹介してきましたが、相手が強大すぎると対処方法を実践する前にあなたの心が折れてしまうこともあるでしょう。

『怖いものは怖い』のでしょうがないことです。

「いじめてくる相手が強すぎて歯が立たない」と思うのであれば、早く転職してしまったほうがいいでしょう。

いじめを放置しているような会社自体【腐っている】といえますからね。

強大な相手に我慢して戦いを挑み続けていれば、いずれあなたの身体は壊れてしまいます。

手遅れになる前に【転職】しちゃいましょう。

何も行動しなければ、いじめてくる人とずっと一緒に仕事をしなければいけない可能性だってあり得るのです。

転職したらいじめられる恐怖はなくなり、ビクビク怯えながら仕事をする必要はなくなりますよ!

何も今すぐに転職しなければいけないわけではありません。

【転職サイトに登録】するだけでも、『今の会社を辞めても自分には次があるんだ!!』とポジティブになれて、いつでも会社を辞められる準備が整うわけです。

登録していないと、あなたの目的や条件にあった求人があっても知ることさえできず、絶好のチャンスを逃すこととなってしまいますよ!

【転職=逃げ】という考えがある人もいるかもしれませんが、逃げてもいいじゃないですか!

ロールプレイングゲームでも、倒せない敵がいたら一回逃げてレベルを上げてから再び戦いを挑みますよね。

逃げた先(転職先)で経験を積むことができれば、再び戦いを挑めるくらいレベルが上がるのです。

転職していじめる人よりもキャリアアップしちゃいましょう!

【⇩今すぐ転職サイトに登録して、いじめの恐怖から脱出しよう⇩】


まとめ

  • 自分に自信を持つ
  • プライベートに侵入されない
  • 仕事能力を認めてもらう

まずは、いじめの標的とならないように対処しましょう。

そして、自分一人の力ではどうしようもできないと感じたら、手遅れになる前に周囲の人に相談して下さい。

あなたの味方になってくれる人は必ずいます。

1人で我慢しないで人を頼ることも大事です。

みかねた先輩が上司に相談してくれたり、その上司がシフトをずらしてくれたり、他の部署に飛ばしたくれることもあります。

相手が強大すぎて手も足も出ない時は、転職も視野に入れて行動してみて下さい!

【⇩今すぐ転職サイトに登録して、いじめの恐怖から脱出しよう⇩】


ABOUT ME
sudakosan
sudakosan
当サイトでは、工場の仕事に興味のある人や工場の仕事から転職したい人に向けて、10年以上工場勤務を続けてきた経験を元に、工場勤務のメリット・デメリット・人間関係・工場勤務の体調管理などについて紹介しています。
こちらの記事もおすすめ!