仕事論

仕事中に周囲の目が気になる!克服する5つの方法

あなたは「周囲の目が気になって全然仕事に集中できない!」と悩んでしまうことってありませんか?

僕は極度の人見知りで、周囲の目を気にしながら生活していました。(今でも気になることがある・・・)

コミュニケーションが取れないと仕事に支障も出るし、どうにか克服しなければと思っていましたが、

  • 昨日仕事でミスしたから会社に行きづらい
  • 仕事頼まれた時に嫌な顔してなかったかな
  • なんかジロジロ見られてる気がする

などと、相手からどう思われているかが気になり、自分が臆病で優柔不断な人間だと劣等感ばかり抱えていました。

周囲の目を気にするあまり、それがストレスとなって精神的に疲れる毎日でした。

僕のように人見知りの方は、周囲の目が気になって仕事が上手くできないと悩んでいるのではないでようか。

でも、周囲の目を気にしすぎて、不安や劣等感を抱えて自分を追い込む必要なんてないのです。

ここでは、周囲の目が気になって仕事どころではないという人に向けて、周囲の目が気になる心理と特徴を知り、克服する方法を紹介します。

周囲の目が気になる人の心理や特徴

そもそもなぜ周囲の目が気になるのでしょうか?

生まれ持った自分の性格が原因かもしれませんし、職場にいる威圧的な先輩や上司が原因かもしれません。

周囲の目が気になる人とはどのような人なのでしょうか?

自分に自信がない

周囲の目が気になるのは、自分に対して自信がないからです。

小さい頃や学生の頃に勉強やスポーツが出来なかったりして「お前はダメなやつだ!」などと叱られたり「お前は何やらせてもホントにヘタクソだよな」などと馬鹿にされた経験が強く残っていたりしませんか?

そのような記憶が強いと、仕事で小さなミスをしただけでも「また怒られてしまうんじゃないか」とか「みんなに馬鹿にされるんじゃないか」と不安になってしまいますよね。

過去の体験で、あまり褒められずに叱られた経験が多かったりすると、自分に対して【劣等感】が出てきてしまいます。

「自分は何の取り柄もないダメな人間だ」などとネガティブに考えてしまい、どんどん自信がなくなってしまうのです。

固定観念が強い

自信がないというのに繋がるのですが、過去に叱られた・馬鹿にされたという経験から「あの人は絶対自分のこと嫌いだよ」とか「どうせみんな自分のことを馬鹿にしてるに決まってる」というように、自分勝手に推測したり決めつけてしまうことによって、固定観念が強くなっている可能性があります。

固定観念が強いので他人の言動や行動に敏感になってしまい、自分の思い込みで勝手にネガティブな思考になっているだけなのです。

他人にどう思われているかというのは、過去の嫌な経験から自分が勝手に思い込んでいるだけということをまずは理解しましょう。

 感受性が高い

周囲の目が気になるというのは、ポジティブに考えたら感受性が高いということです。

そして、感受性が高いということは、あなたは周囲の物事をよく見ているということになります。

他者からどう見られているか気になるという人は、それだけ他人のことに気付いてあげられる人ということになりますよね。

相手の表面には出ていない「悲しみ」「苦しみ」というネガティブな部分に、真っ先に気付いてあげられる才能を持っているということです。

周囲の目を気にし過ぎている自分が嫌いになってしまっているのだとしたら、他人の痛みに気付いてあげられるという、素晴らしい能力があるということを自覚して下さい。

これは僕が中学生の頃の話なのですが、僕は小さいころから人見知りで、周囲の目を気にしながら日々過ごしていました。

あるクラスメイトが元気がないことに気付いた僕は、先生に「○○さん最近元気がないんだけど大丈夫かな?」と話したことがありました。

すると先生は「よく気付いてくれたね、話してくれてありがとう」と言ってくれました。

そのクラスメイトは友人関係で悩んでいて元気がなかったみたいで、後日そのクラスメイトにも「先生に相談してくれたんだって?ありがとう」とお礼を言われたのを覚えています。

「自分はダメな人間だ」と考えずに『自分は他人の痛みがわかる心優しい人間だ』と、自分自身を認めてあげましょう。

【周囲の目が気になる】克服方法はあるの?

心理や特徴を知るということは自分の弱さを受け入れるということです。

弱いところ、悪いところがあって自分なのだと認識して下さい。

自分が自分を認めてあげなければ周りから認めてもらうことは難しいです。

心理や特徴を知ったうえで、克服方法を実践していきましょう。

他人の感情なんて知ったことではない

あなたが起こしたアクションに対して、相手が【イライラしたり・馬鹿にしたり・どう思っているのか】という感情まで責任を負う必要はありません。

あなたの行動でイライラしているのは相手です。

自分の感情は自分でしかコントロールできませんし、イライラした感情を抑えるのは誰かにやってもらうものではなく自分でしかできないのです。

ですから、相手に怒られたり八つ当たりされたとしても「またいつものが始まったよ・・・」くらいに軽く受け流せるようになればいいのです。

万人受けは難しい

あなたの意見に対して受け止め方は人それぞれ違うので、あなたの意見に賛成する人もいれば反対する人もいます。

千差万別ということで、100人いたら100通りの受け取り方があるのです。

そのため、あなたが良かれと思って行動したことに対して、感謝してくれる人もいれば悪口を言ってくる人もいることでしょう。

例えば、自分の仕事が早く終わったあなたが、仕事で忙しそうな相手の書類整理を「忙しそうだから手伝うよ」と手伝ってあげたとします。

そのような場合「ありがとう助かるよ」と笑顔で感謝してくれる人もいれば「あとで自分でやるからいいよ」と断る人もいるかと思います。

中には「残業でやろうと思ってるからいいんだよ!」などと言って怒り出す人さえいるかもしれません。

このように、たった一つの些細な出来事でさえ、受け止め方は人によって全く異なってくるものです。

相手の受け止め方というのは相手自身の問題なので、あなたが気を遣って解決できるものではありません。

それでもあなたは、相手自身の問題さえも自分に非があると考えてしまい、責任を感じてしまっているといえます。

しかし、あなたは相手を侮辱してやろうとか、迷惑をかけてやろうなんて思って行動しているのではなく、相手の為になると善意のつもりで行動を起こしているはずです。

相手のことを考えて行動できるのは人としてすばらしいことです。

なので、もっと自信を持って行動していいのです。

仕事以外で自分の居場所を見つける

常に周囲の目が気になるあなたにとって、本来の自分の姿を出せる居場所をみつけましょう。

ツイッターやフェイスブックやオンラインゲームなどは、自分の共通の趣味や境遇の人とつながることができます。

そのためSNSで発信したり、オンラインゲームでチャットをしたりして、あなたの考えに共感してくれる仲間に出会うことができるのです。

ネットの世界では、本名ではなくニックネームを登録してやり取りできるので、個人を特定されることもありません。

ですから、他人にどう思われでいるかなんて気にしなくても良いし、自分の思いを素直に発信することができます。

普段から「周囲の目が気になって自分の意見がなかなか言えない!」という人は、SNSやオンラインゲームなどのインターネットを活用して、自分の考えや思いを発信する練習をしてみてはどうでしょうか。

二次元的な考えになりますが、そこで自分の考えに共感してくれる友達ができると、自分の自信アップにも繋がるし、自分の居場所を見つけることができるでしょう。

他人を変えるのは難しい

仕事に限らずのことなのですが、他人の目が気になりすぎて、不満や愚痴ばかり口にしている人も多いですよね。

不満や愚痴を言い合うのは、ストレスを発散できてスッキリできるし、気持ち的にも落ち着くことができますが、それって一時的なものではないですか?

いくら不満を口にしたり愚痴をこぼしたところで、その状況が変わることなんてほとんどありませんよね。

不満を言うことで、ますますイライラしてきたり不満が湧いてくることさえあります。

そう考えると、自分の周囲の状況は、直接的に変えるのは難しいということがわかりますよね。

自分自身の意識を変えないことには、周囲の目はずっと気になったままです。

僕も周囲の目が気になって悩んでいた頃があったのですが「仕事だけの関係なんだから、周囲にどう思われようが関係ないや」と開き直ったような考え方に変えたら、なんだか心がスッキリし楽になりました。

自分の考え方を変えると、意外と苦手な相手の態度も変わることが多いものです。

ですから、他人のことを変えるのは難しいということを頭に入れて、自分の方から変わろうとすることが大切になってきます。

仕事中なのだから見られるのは当たり前

この記事を書いている時ふと思ったのですが、「他人は自分のことを見ていないようで見ている」とも言うし、「他人はそこまで自分を気にしていない」とも聞いたことがあるので、どちらが本当なのだろうと考えました。

仕事に置き換えると、先輩や上司はあなたの行動に対して注意観察しなければいけません。

これは業務上当たり前のことですよね。

上司は部下をみていないようでちゃんと見ています。

そう考えると仕事中に周囲の目が気になるのは当たり前ということになります。

それが気になる気にならないは個人差であって、気にしすぎて仕事に集中できないのであればミスに繋がるし、仕事もはかどりませんよね。

もし先輩や上司の目が気になっているようなら、仕事だから当たり前のことだと割り切るか、上司に「あいつはまだ危いから目が離せない」などと、気にされないくらい仕事ができるようになるしかないですよね。

また、仕事の休憩中や同僚との雑談中に周囲の目が気になることもありますよね。

良いことより悪いことの方が気になって「どうせ自分は仕事ができないと思われている」というように、変な妄想がどんどん広がったりしていませんか?

そういう人は一度気になりはじめると、悪いことばかりが頭の中でいっぱいに膨らんでしまい、動けなくなったり恐くなったりしてしまうのです。

「さっきの言葉はちょっときつかったかな?」とか「今の返事はちょっと変な風にとられたかな?」などと、自分の発言や行動で相手にどう思われているかを気になっているのではないでしょうか。

「そんなのいちいち気にし過ぎだ!」と言われるかもしれませんが、気になるものは気になるものでです。

この記事をみているあなたはきっと真面目で心優しい人なのです。

でなければ自分の言動や行動をいちいち心配し不安になったり、周囲の目が気になることはありません。

仕事中は周囲に見られていないようで、意外と見られているものなのですから、周囲の人もあなたは優しい人だと知っています。

ですから、気持ちを切り替えられなくて自分を必要以上に責めるようなことはしなくてもいいのです。

大人になっても失言や失敗は沢山あります。

むしろ世の中失言だらけです(笑)

あなたは周囲の人よりも真面目なだけなので、自分の言動や行動を何も反省することはありません。

もし自分の言動や行動で相手が嫌な気持ちになったのでは?と気になるようなら「少し気になるから、次に合う時あやまろーっと」とか「さっきのは失言だったな・・・まぁ愛嬌ってことにしとこう」などと心の切り替えを上手くできるように練習していきましょう。

自分が変わりたいと思った時に、あなたはもう変わりはじめているのです。

仕事だけの関係だからと割り切り、もっと適当に物事を考えることができるようになれば、周囲の目は気にならなくなるでしょう。

どうしても周囲の目が気なるのであれば・・・

この記事の対処方法を実践しても、どうしても周囲の目が気になって仕事も手が付かないほど怖い・・・という思いをする人もいることでしょう。

そういう人は職場にいる攻撃的な先輩や上司の目が気になっているのではないでしょうか?

必ずと言っていいほど、どの職場にも攻撃的な人っていますよね。

特に工場勤務の職場には攻撃的な人は多いです。

【⇩攻撃的な人の特徴と対処方法をコチラ⇩】

威圧的な上司から身を守る方法【5つ】どうやって対応したらいいの?あなたは職場にいる威圧的な態度で接してくる先輩や上司との付き合い方に悩んではいませんか?その先輩や上司に一度目を付けられると、毎日のように罵倒されたり馬鹿にされたり、嫌がらせをされたりしたら、心身共に疲れ果ててしまいますよね。ここでは威圧的な態度をとってくる先輩や上司から身を守る方法を紹介しています。...

攻撃的な人が怖くて気になるのも当たり前です。

攻撃的な人に目を付けられたら、毎日が不安で怖苦てストレスを感じる日々を送らなくてはいけなくなってしまいます。

周囲の目が気になるという職場は人間関係の悪い職場ということなので、それならいっそのこと転職を視野に入れてみるのをおススメします。

リクナビNEXTなら、あなたの情報や希望を入力しておくと、あなたの登録情報にぴったりな求人を紹介してくれますよ。

そこで様々な求人情報を見ながら「今の会社を辞めても自分には次があるんだ」と前向きな考えになり「いつでも今の仕事を辞めれる」と思えるだけで、あなたの心はだいぶスッキリするはずです。

リクナビNEXTから転職して、人間関係の悩みも解消したと喜んで話す友人も実際にいます。

その友人は、人間関係の悩みも解消した上に、給料も休みも増えていい事ばかりだと自慢げに話してきます。(笑)

https://sudako-san.com/2018/11/30/post-46/

一度きりの人生、仕事の人間関係に振り回されずに生きたいですよね。

そのためにも是非リクナビNEXTに登録しておきましょう。

【⇩周囲の目が気になる人間関係の悪い職場から転職しよう⇩】



まとめ 

周囲の目が気になるあまり「会社に行きたくない」とか「みんなに嫌われているかも」と悩む気持ちもわかります。

ですが、このようにネガティブに考える必要はありません。

本文にも書きましたが、周囲の目が気になるということは、その分周囲を観察できているということです。

あなたは『他人の痛みに気付くことができる心優しい人』ということになるので、自信を持ってください。

みんな自分のことを第一に考えるので、他人の痛みに気付くことができる人というのはほとんどいません。

あなたの特徴をポジティブに捉えて、この記事の克服方法を実践してみて下さい。

それでも効果が無いなら、転職サイトに登録するだけでも気持ちが楽になるので、是非リクナビNEXTに登録してみましょう。

ABOUT ME
アバター
sudakosan
当サイトでは、工場の仕事に興味のある人や工場の仕事から転職したい人に向けて、10年以上工場勤務を続けてきた経験を元に、工場勤務のメリット・デメリット・人間関係・工場勤務の体調管理などについて紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

<