人間関係

職場であら探しをする人の指摘がイヤ!批判された時の【5つの対処方法】

あなたの職場に社員のあら探しばかりする人っていませんか?

僕は某製鉄所内の工場で働いているのですが、現場のパトロールに回ってくる上司や偉い人達はあら探しのスペシャリストで、細かいところまで指摘してきます。

「なんでそんなところまで見るの?」「そんなに細かく指摘されたら仕事がはかどらないよ」と思うことが多々あります。

指摘されないように、パトロールの時だけ基本に忠実にゆっくり仕事をするという職場も多いのではないでしょうか?

 

その他にも、一緒に作業をする人の中に、あなたのあら探しばかりをする人がいたら毎日が苦痛でストレスになってしまいますよね。

作業に支障のないようなちょっとしたミスにとどまらず、仕事に関係のない言葉の使い方やしぐさなど、細かいとこらまで指摘してくる人さえいます。

あら探しをする人に「ちょっと○○さん」と呼び止められるたびに「また自分?今度は何言われるんだよ・・・?」と不安になるし、「自分ってそんなにダメなやつなの?」「あの人は自分ばかり指摘するから嫌いなんだよな」と考えてしまい、毎日のように指摘されていたら仕事に対して自信も意欲もなくなってしまいますよね。

 

ここでは、あら探しをする人の考えや、あら探しをする先輩や上司に指摘されなくなる方法を紹介していきます。

あら探しをする人の考えや対処法を知っていれば、気持ち的にも落ち込まなくても済むし、いちいち指摘されなくなるまでの関係になれますよ!

威圧的な先輩・上司にもう耐えられない!上手に身を守る5つの方法あなたは職場にいる威圧的な態度で接してくる先輩や上司との付き合い方に悩んではいませんか?その先輩や上司に一度目を付けられると、毎日のように罵倒されたり馬鹿にされたり、嫌がらせをされたりしたら、心身共に疲れ果ててしまいますよね。ここでは威圧的な態度をとってくる先輩や上司から身を守る方法を紹介しています。...

あら探しをする人の考えや特徴とは?

あら探しとは人の欠点や過失を探しだしたり、細かい部分も取り上げて批判することで「あの人は人のあら探しばかりしている」などと使用します。

どうしてあら探しをする人は周囲の細かい失敗や失言にまで腹を立てて責めつけてくるのでしょうか?

まずはあら探しをする人の深層心理を探ってみましょう。

相手より優位に立ちたい

あら探しばかりする人は相手より自分の方が優位に立ちたいと考えていることが多いです。

自分の立場を守ろうと他人の劣っているところを指摘したり、優位の立場にいることで、優越感に浸っていたいと無意識のうちに考えているのです。

職場の中で自分は仕事ができる方だと気付くと『自分は仕事ができるから偉いんだ』と考えてしまい、他人のことを見下すようになるのです。

自分より仕事ができないと感じたら、たとえ先輩や上司であっても裏では「年上なのに自分より仕事ができないんだぜ」などと馬鹿にしている人もいるほどです。

周囲から仕事ができるからとチヤホヤされ天狗になり、現在の自分の地位を守る為にも、あら探しをしてはそれをみんなに面白おかしく話して、やっぱり自分は凄いと思い込んでいる性格の悪い人たちです。

我が強いと言いますか、自分の立場や自分という存在に対して強いこだわりを持っているから、相手より優位に立ちたいと考えてしまうのでしょうね。

劣等感や精神的な不安を持っている

自分に劣等感があると、理想の自分と現実の差が大きいことや本当は苦手な仕事があることに対して不安になり、その不安を隠そうとして他人のあら探しばかりをしては指摘するという行動にでたりします。

自分の弱さを隠そうとしたり、相手より自分を大きく見せようとして、相手からの攻撃を未然に防ごうとしているのです。

相手が自分より仕事ができたり、その相手が仕事について語っていたりするとイライラしてきて、そんな自分のプライドをなんとか維持するには、他人よりも自分が優れている点を周囲に示さないといけません。

その結果、人のあら探しばかりを行うという行動に移るのです。

自分への劣等感で押しつぶされそうになるのに耐えるためには、他人の失敗や悪いところをいちいち指摘し、自分の方が優れているんだということを周囲の人たちに表現するだけでなく、自分自身にも言い聞かせているのです。

自分の意見を共感してもらいたい

あら探しばかりをする人は、相手の失敗や悪いところをみんなと共感したいと考えています。

共通の敵をつくり話題にすることによって仲間意識が芽生えてくるからです。

その中でも自分が話題の中心にいることで「自分の考えは正しかったんだ」と認識し、優越感に浸っているのです。

あら探しをして共感してもらうことによって、仕事やプライベートで溜まったストレスや満たされない気持ちを発散しようとしています。

あら探しをして相手を批判することでしか自分の気持ちを満たすことができないので、とても可哀想な人たちです。

あら探しをする人から指摘された時の【5つの方法】

あら探しをする人の考えや特徴にピンとくるものもあったのではないでしょうか?

そうした心理でいるあら探しばかりする人に、いちいち指摘されなくなる対処法を紹介していきます。

可愛そうな人だと考える

あら探しばかりする人は周囲から見ると「嫌な人」「苦手な人」になりますが、それと同時に【可哀想な人】でもあります。

前章でもかきましたが、相手を批判することでしか自分の感情をコントロールできずに批判ばかりしているので、自然と周りから人が離れていってしまいます。

その為、あら探しをされて指摘された時には「この人は自分の気持ちを批判でしか満たせない可哀想な人なんだな」と同情してみましょう。

可哀想な人だと考えれば、あら探しの指摘に対してそこまで大きな怒りを感じることはなくなるし、いちいちイライラして口論になることも無くなります。

ですから、そんな可哀想な人の批判を真に受けてあなたがキズ付くことなんてないのです。

あら探しをしてくる相手を【可哀想な人だ】と自分の考え方を変える対処法も、周囲を冷静に見ることができるので面白くておススメですよ。

相手に感謝してみる

あら探しばかりする人の指摘に対して感謝してみるのもおススメです。

これは僕が指摘された時の体験なのですが・・・

職場のあら探しばかりするお偉いさんに、なぜか目を付けられたことがありました。

自分だけが標的となり、小さなことでも指摘されるのでイライラしていたのですが「偉い人は自分の言うことが正しいと思っているんだよな・・・」と考えるようにしました。

そしてまた指摘された時に指摘して頂きありがとうございます!指摘されたことで成長することができました」と言ってみたのです。

するとその偉い人は「えっ・・・」と呆気にとられたような顔をしていました。

きっと「指摘したのにありがとうって何言ってんだコイツ?」と思ったことでしょう(笑)

でも「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えたことによって、その後その人に指摘されることは無くなりました。

それどころか、その日からフレンドリーに話しかけてくるようになりました。

・・・ちょっとウザいですが指摘されるよりはマシなので我慢してます。(´・ω・`)

「おかしなことを言ってるな」と感じても、その場をやり過ごすために表面上だけでも「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてみましょう。

あら探しばかりする人の存在を認めてしまうことになりますが、相手の心を満たすことができれば、批判や指摘をされる可能性は減るいことでしょう。

相手の意見に賛同しない批判しない

あら探しばかりする人というのは先ほど話した通り

  • 劣等感や不安を隠したい
  • 相手より優位に立ちたい
  • 優越感に浸りたい

など自分勝手に考えているので、他人からの批判や意見なんてまともに聞こうとはしません。

もし批判されたものなら、その瞬間あなたは【敵】とみなされ、あら探しのターゲットにされてしまいます。

あら探しをする人というのは他人に認めて欲しい気持ちが人一倍強いので、少しでも批判された・否定されたと感じると、感情的になって手がつけられなくなってしまうので気を付けましょう。

又、批判を聞かされて共感を求められたとしても、賛同しないで受け流すようにしましょう。

「なるほど、そうなんですね」「自分は初めて聞きました」などと返答するのが適切です。

「自分もそう思ってました」と賛同してしまうと、あら探しをする人は「共感してくれた」と感じてしまい、そこからどんどんあなたとの距離を詰めようと近づいてきます。

何より、相手の意見に賛同したことにより、あなたもあら探しをする人と同じステージに立つことになります。

そうならない為にもネガティブな意見は上手く聞き流し、批判も賛同もしないことをおススメします。

心の距離を置く

あら探しをする人に指摘や批判をされると「なんで自分ばかり言われるの」などと、気になって仕方ない状態になる人も多いのではないでしょうか。

そんな時は「あの人には近づかないようにしよう」と現実的に距離を置くのではなく、あら探しをする人のことは考えないようにして【心の距離を置く】ようにして下さい。

「なんであんなに人の嫌なところばかり見るんだ」などと相手のことを気にすれば気にするほど、苦手な人にあなたの心は近づいてしまうからです。

相手のことを気にするということは、相手に焦点を当てて物事を考えていることになり、相手のことを見始めると相手の人格や性格を観察するようになっていきます。

否定的な目で相手を観察してしまうので、ますます相手が嫌いになりマイナスの感情ばかりが増えていってしまいます。

その結果、あら探しばかりする嫌いな相手と【離れたくても、離れられない】という状況に心理的に陥ってしまいます。

相手のことを無意識のうちに見ているので【心の距離が近い】状態になっているのです。

ですから、指摘されたり批判されたりしても嫌な気持ちをズルズル引きずらないで「またあら探しがはじまったよ」とか「あの人がいる時だけ気を付ければいいや」というように、軽い気持ちで考えることができたら、嫌いな人との【心の距離を置く】ことができるでしょう。

相手は自分のことを何とも思っていない

あら探しばかりする人に標的にされて、毎日のように指摘されたり批判されたりしたらストレスが溜まりますよね。

しかし、あなたがどんなにストレスを抱えていても、相手はあなたのことなんて何も考えていないのです。

前章の続きのような形になるのですが、指摘されて「頭にくる」とか「悔しい」という感情を解消できないでいると、相手の動向がいちいち気になって頭から離れなくなったり、相手のことを心の中で責め続けたりするようになってしまいます。

嫌いな相手がどんな言動をしているのか、細かく言えるようになるくらい相手のことを観察している人もいるほど、無意識のうちに相手のことを考えてしまっています。

あなたが家に帰ってからも、相手に指摘されたことに対して「やっぱり頭にくるよな」とか「自分だけ言われて悔しい」と考えている間、その相手は何を考えているでしょうか。

あなたのことなんて考えいないし、指摘したことさえも忘れているかもしれません。

あなたが相手のことで夜も眠れないくらい悩んでいるというのに、相手はぐっすり夢の中にいるのです。

そう考えてみると、そっちの方が頭にくるし悔しくはないですか。

【自分が悩んでいる時、相手は何も悩んでいない】と考えることができれば「あら探しされて悩むのはやめよう」と切り替えることができますよね。

あら探しばかりする人との人間関係に疲れたら

もしあら探しばかりする人との人間関係に心身共に疲れ果ててしまったなら転職も考えましょう。

人間関係の悩みというのは、今の職場から離れることで簡単に解決できるものなんです。

あら探しばかりされて自分に自信をなくしていませんか?

そんな状態で仕事をしていても全然楽しく感じられないはずです。

その心理状態のままこの先何年も職場の人間関係に悩み嫌な思いをし続けるなんて辛いだけですよね。

急に転職といわれても「そんなに急に転職なんてできないよ!」と思うはずですが、とりあえず転職サイトに登録して「なんかいい求人ないかな」とスマホで見るだけなら誰でもできます。

そしてもし今の職場よりもいい条件の会社や、自分がやってみたい仕事の求人があれば、応募してみればいいのです。

気軽に考えていれば転職というのは決して難しいものでなくなるはずです。

今の職場より、もっといい環境の場所へ移動するだけですからね。

「あの人と一緒に仕事をするなんてもう考えたくない!」というのであれば、とりあえず転職サイトに登録してみましょう。

求人を見ていると「何かあったらこんな会社いつでも辞めてやる」という心理状態になるので、登録するだけでもスッキリして精神的に楽になりますよ。

僕の友人はリクナビNEXTに登録して実際に転職し未経験の業種なのに「給料も人間関係も良くなった」と楽しそうに話してくれました。

【⇩その友人の体験談がコチラ⇩】

https://sudako-san.com/2018/11/30/post-46/

転職サイトに登録しておくだけで、精神的に逃げ道ができて楽になります。

逃げることは何も恥ずかしいことではありません。

全速力で逃げて辿り着いた場所が、今よりも輝いて見える世界であるに違いありません。

今の職場で追い詰められて病気になったり体調を崩したりしたら元も子もないので、職場の人間関係で悩み心身共にストレスが溜まっているのであれば、転職サイトに登録して少しでも精神的に楽になりましょう。

 

【⇩今よりもキャリアアップを目指すなら今すぐ登録⇩】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

 さいごに

僕もあら探しの標的になったことがあるのでわかるのですが、指摘や批判されるというのは悔しいし頭にくるものです。

それが毎日のように続いたら精神的にとても辛いものになりますよね。

ここで紹介した対処方法の中にはポジティブに物事を捉えるという考え方もあります。

僕は仕事で嫌なことがあった時、ポジティブに物事を考えるだけで少し心が楽になります。

僕もそうですが、物事を全てポジティブに考えるのはとても難しいので「こんな考え方もあるんだ」という程度に捉えてくれるだけでいいです。

そして一人で悩みを抱え込むのはやめましょう。

一人で悩んでどん底まで落ちると、底から這いあがってくるのはとても大変です。

先にも言いましたが、一人で悩んで追い詰められて、体調を崩したり病気になってしまってからでは手遅れです。

そうなる前にこの記事の対処方法を試してみたり、【転職という選択肢】もあるということを頭に入れて行動してみて下さい。

 

【⇩職場の人間関係の悩みがキツイなら今すぐ登録⇩】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

 

上司が怖くて眠れないほど辛い!あなたを守ってくれる相談先5つあなたの職場には毎日のように怒鳴ったり威圧的な態度をとってきたりするパワハラ上司はいませんか?その上司が怖くて毎朝ため息をついたり、夜眠れなくなるほど辛い思いをしている人も多いのではないでしょうか?ここでは、パワハラ上司の人間関係に悩んでいる人に向けて、5つの相談先を紹介しています。...
ABOUT ME
アバター
sudakosan
ファブリーク(Fabrik)とはドイツ語で工場という意味です。 当サイトでは、工場の仕事に興味のある人や工場の仕事から転職したい人に向けて、10年以上工場勤務を続けてきた経験を元に、工場勤務のメリット・デメリット・人間関係について紹介しています。
こちらの記事もおすすめ!