人間関係

悪口から身を守る4つの対処方法「悪口だらけの職場はイヤ!」

あなたの職場には悪口が大好きで、毎日のように周囲の悪口ばかり話している人はいませんか?

製鉄工場など男性の多い職場でも、他人の悪口ばかり言う人っているんですよね。

休憩中にその場にいない人の悪口で盛り上がる光景なんて日常茶飯事です。

その人の仕事での失敗談や外見や性格などを面白おかしく話のネタにし、みんなの笑いを取ろうとしたり、一人が馬鹿にしだしたら周りのみんなも馬鹿にしだして、学生のイジメのような状態になって聞いているだけで嫌な気持ちになることばかりです。

悪口は聞いているだけでも嫌な気分になるし、悪口ばかりが飛び交う職場だと「自分もみんなに悪口を言われているかもしれない・・・」と考えてしまい、不安になるという方も多いのではないでしょうか。

談笑中に「あいつってホント仕事できなくてさ・・・お前もそう思うよな?」などと先輩や上司に悪口を振られた時は、どう返事を返したらいいのか戸惑いますよね。

人の悪口ばかり言ってみんなの話題の中心にいても、その人間関係は表面上だけのもです。

悪口を言っている人は、他の人からも悪口を言われているし、職場で人間関係のトラブルを起こしている人が多いです。

それにしても、なぜ人の悪口ばかり言って話を盛り上げようとするのでしょうか?

実は悪口ばかり言う人には、みんなが気付かないような悪口を話したくなる心理が隠れていたのです。

悪口ばかり言う人の心理を理解していれば、あなたは悪口ばかりの職場でも傷つくことなく、相手と適度な距離を保って付き合っていけるようになるのです。

悪口ばかりいう人達の顔色を伺い、気を遣いながら働く毎日なんておさらばしましょう!

 

【⇩今すぐ職場の悪口と縁を切りたい方はコチラに登録しよう⇩】



そもそもなんで人の悪口ばかり言うの?

そもそも人の悪口ばかり言う理由ってあるのでしょうか?悪口ばかり言う目的はなんなのでしょうか?

実は人の悪口ばかり言うのには隠された理由があったのです。

悪口に共感してくれる仲間が欲しい

悪口ばかり言う人は『自分の話に共感して欲しい』という思いが強いです。

悪口を言っている人が先輩や上司だったら、悪口の話をされても否定することができずに愛想笑いをしたり、「そうですよね」などと相槌を打つことくらいしかできないですよね。

周りの人が否定できなかったり愛想笑いをしていると「みんな自分の意見に共感してくれているんだ」勘違いしてしまうのです。

その勘違いで結束力が強くなったと考えてしまい、悪口の相手を蹴落とすことで「自分の話はみんなに共感されてやっぱり凄いんだ!自分はみんなより偉いんだ!」と、自分を悪口グループのトップに置こうとするのです。

しまいには特定の人にターゲットを定め、その人をみんなの敵だと仕向けようとして悪口ばかり言いはじめるのです。

周りは意見を合わせたり愛想笑いしているだけなのに、自分をリーダーとしたグループができたと勘違いし、このグループを確固たるものにしようとしているのです。

僕の職場にいる悪口ばかり言う人には【威圧的な態度をとる】人が多いです。

威圧的な態度をとる人が周囲の悪口ばかり言うので、談笑中のみんなは怖くて【愛想笑い】をすることしかできなくなります。

するとその威圧敵な態度をとる人は「みんな笑って共感してくれているし、やっぱり自分の言うことが正しいんだ」と勘違いしてしまい、ますます周囲の悪口を言うようになってしまうのです。

自分の意見は【全て正しい・違っていないんだ】と安心したいが為に、自分の意見に共感してくれる人を見つけては、他人の悪口をおもしろがって話しているのですね。

相手より優位の立場にいたい

悪口ばかり言う人は、周囲の悪口を言うことで相手より優位に立とうと考えています。

自分がグループのトップでいたいと考えているので「○○さんより自分の方が仕事もできるし優れているんだぞ!」といいたいのです。

時には、職場でみんなから信頼されている人や立場が上の人が悪口の標的になることもあります。

僕の職場では

・「○○さんは自分より仕事ができないのに、自分より役職が上っておかしくない?」

・「○○さんの考え方っておかしいよな?自分の考え方の方が凄いと思わない?」

という具合に、みんなが信頼を寄せるような人の悪口をみんなの前で平気な顔をして言うのです。

その悪口大好きな人は、後輩から頼りにされている同僚Aを羨ましく思うのと同時に、自分がその同僚Aよりも下の立場にいることに気付き不満があったようなのです。

信頼できる人の悪いところばかりを揚げ足をとるように見つけて、みんなの前で悪口をいうことで、自分の方が凄いんだぞというところを知って欲しいと考えていたのだと思います。

職場にいるこの人ように、相手より優位の立場にいたいと考えるときも悪口は利用されるのです。

無意識に悪口を言っている

悪口を共感する仲間が欲しい・優位に立ちたいという人とは別で、無意識に悪口を言っている人もいます。

とにかくおしゃべりが好きで、気が付くと悪口を言ってしまっているという無意識タイプの人です。

僕の職場は男ばかりの職場ですが、おばさんの井戸端会議のように、おしゃべりが大好きな男性というのがどこの部署をみても必ずいます(笑)

そのようなおしゃべりが好きな男性が他人の悪口を話すと、談笑中のみんなが「それわかる!よくやってる行動だよね!」などと同調してしまい、なぜか話が盛り上がってしまうのです。

このようにおしゃべりが好きな男性というのは、ゴシップが好きで、みんなが知らないような会社の情報をなぜか知っているということが多いです。

ゴシップ好きでおしゃべりな人が無意識で悪口を言っているので、悪口を共感できる仲間が欲しいとか、相手より優位に立ちたいと考えている性格の悪い人の話よりは、悪口を聞いていてもまだ楽しいと感じますよね。

威圧的な上司から身を守る方法【5つ】どうやって対応したらいいの?あなたは職場にいる威圧的な態度で接してくる先輩や上司との付き合い方に悩んではいませんか?その先輩や上司に一度目を付けられると、毎日のように罵倒されたり馬鹿にされたり、嫌がらせをされたりしたら、心身共に疲れ果ててしまいますよね。ここでは威圧的な態度をとってくる先輩や上司から身を守る方法を紹介しています。...

職場で悪口を言われている時の対処方法

悪口を聞かされている場合は適当に聞き流していればいいかもしれませんが、もしも自分自身が悪口を言われていると知ったらどうでしょうか?

実際に言われていると知ったら傷つくし「他のみんなにも悪口を言われているのでは?」と不安になりますよね?

悪口が蔓延している職場でストレスが溜まらない方法、傷つかないための対処法を紹介していきます。

悪口ばかりの会話に入らない

イジメられていたりパワハラを受けていたりしたら愚痴を言いたくなるのも当たり前ですが、自分が悪口を言われたくないからと、悪口を言っている人達の会話に入っていこうとする態度は、周囲の人たちからの信用を失ってしまいます。

悪口の会話に混ざった時点で、周囲の人からみたら、あなたも悪口ばかり言う人】と認識されてしまいます。

「この人は自分のいないところできっと自分の悪口も言っているんだろうな」と思われてもおかしくありません。

あなた自身も他人の悪口ばかり言う人のことは信用したくないですよね?

悪口の会話に一生懸命になって入っていこうとすればするほど、あなたの信用は失われていくことでしょう。

そして周囲の人とは、だんだんと表面上だけの人間関係になっていくのです。

悪口を振られても聞き流す

もし相手に悪口を振られても共感してはいけません。

あなたに悪口に共感しているつもりはなくても、ひとたび会話に入ってしまうと「あいつも○○さんの悪口言ってたよ」と、みんなに大袈裟に話の内容を盛られてしまう可能性があります。

そのような話に発展させない為には、悪口ばかりの会話には一切参加しないことです。

目の前で悪口の談笑がはじまったらそーっとトイレに行ったり・喫煙室に逃げたりするのがおススメです。

もし「お前もそう思うよな?」などと共感を求められ返答に困ったら「そうなんですね。自分は知りませんでした」などと返し、悪口は適当に聞き流しましょう。

「自分はそういう話あんまり知らないんですよね」とか「自分の仕事で手いっぱいになるので、周りのことを見る余裕がないんですよね」みたいな感じで、悪口を言う人に対しても嫌味っぽく取られないよう返事をした方がいいです。

悪口を話したい相手は、これ以上あなたから悪口の会話を広げられないと感じ、それ以上悪口を言わなくなるはずです。

余計な悪口を聞かされなくて済むので、あなたのストレスも少しは軽減することができるでしょう。

悪口を言う人とは仕事の付き合いだけと割り切る

悪口の多い職場は、人間関係の悪い職場です。

会社だけの関係と割り切り、相手にプライベートまで侵入されないように、普段から近づきすぎないようにしたほうがいいでしょう。

悪口を言っている人に「Aさんも頑張って仕事してるんだから悪く言うのはよくないよ」などと注意すると、「Aさんが仕事が下手だから悪いんです」とか「Aさんが不器用なせいで怒られたよ」と、自分は何も悪くないと言わんばかりにますます悪口がエスカレートしていきます。

悪口が大好きな相手を変えることはとても難しいことです。

仕事の付き合いだけと割り切って、自分の考えを変えた方がストレスなく仕事をこなすことができますよ。

そして「別に相手に何と思われても言われてもいいや」と割り切ることで、自分の意見をしっかり伝えることができるようになります。

自分の言動にブレがなくなり、一貫性が生まれるので、自然とみんなから信頼されるようになるのです。

僕の職場でもそうですが、人の顔色を伺って気を遣いながら仕事をしている人よりも、自分の意思をしかっりもって自信をもって仕事をしている人の方が悪口を言われる事は少ない傾向にありますね。

そういう人に限って、仕事だけの関係だと割り切った言動をしているんですよね。

悪口を言う人と距離をおく

先輩や上司に割りきった言動をするのは難しいという人もいますよね。

先程も述べましたが、悪口ばかりを言う人は悪口を言うことで自分を相手より優位にたたせようとしているのです。

優位に立ちたければ勝手にたたせていればいいのです。

悪口を言う人達にとって、悪口を言われない距離に身を置きましょう。

悪口を言う人は自分が優位に立ちたいという気持ちが強いので、関わる回数が増えれば増えるほど相手の粗探しが始まってしまいます。

そのため中途半端に関わると、プライベートな話から発展し、勝手に妬まれたり恨まれたりて悪口を言われるようになってしまうのです。

男性でもネチネチした性格の人は多いので気を付けましょう。

もくもく言われた仕事をこなしているだけなら、粗を探されることもありません。

自分が悪口で傷つかないためには、余計なことは言わずに、悪口を言われないような距離に身をおくことがポイントです

悪口をばかり言う相手が嫌なのだとしたら、決して自分のプライベートまで覗かれないように、近づきすぎないように相手とは距離を保ちましょう。

悪口が多い職場は会社が腐っているからだ!

そもそも悪口が多い職場って【良い職場】とは言えないですよね?

今の職場が悪口ばかりで息苦しく、ストレスを感じているのであれば、あなたの本当の居場所がここではないからではないでしょうか?

人の悪口にストレスを感じているあなたはとても優しい人です。あなたは人の悪口を言うような低レベルな人達と一緒に仕事をすることが苦痛なのです。

あなたのような優しい性格の人は、もっと魅力のある人達と一緒に仕事をした方がイキイキと仕事ができるはずです。

イヤイヤ今の職場に居続けるのは辛いだけではないですか?

【リクナビNEXT】 に登録しておけば、悪口ばかり言う人とはいつでも離れることができますよ。

悪口ばかりの職場の人間関係が辛いなら、転職して身も心もストレスフリーになりましょう。

 

【⇩悪口ばかりの職場はウンザリ!転職して良い人間関係を築こう⇩】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

転職を後悔しない考え方【3選】転職したけど前の職場に戻りたい!今働いている会社が嫌で『転職したい』と考えたことはありませんか?もし転職したら「転職しなければよかった!」と後悔はしたくないですよね。ここでは転職を考えている人へ向けて、転職してから後悔することのないように、転職する前に考えるべき3つのことを紹介します。...

まとめ

悪口大好きな人に対処するには

  • 共感してくれる仲間が欲しい
  • 相手より優位にたちたい
  • 無意識に悪口を言っている

という特徴や心理があることを理解することが大切になってきます。

特徴や心理を理解することで

  • 悪口の会話に入らない
  • 悪口は聞き流す
  • 仕事の付き合いと割り切る
  • 適度な距離で接する

という対処方法に移ることができるのです。

同じ悪口でも性格の悪い人が言う悪口に付き合ってしまうと、あなたも【悪口ばかり言う人の仲間】という目で、周囲のみんなから見られてしまうことになりかねないです。

それが嫌ならここで紹介した対処方法を実践して、悪口ばかり言う人ととは距離をおくようにしましょう。

それが通用しないのであれば、あなたの職場の人間関係は【悪い状態】といえます。

人間関係が悪いのを放置しているような会社は、すぐに辞めて今よりも待遇のいい会社に転職することで、今よりも楽しい未来になるはずです!

【⇩転職して悪口ばかりの人間関係の悪い職場とは決別しよう⇩】

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

信用できない人への対処方法【3つ】職場の人と上手に付き合おう!あなたの職場には信用できない人や信用しない方がいいという人はいませんか?信用できない人と上手に付き合っていくには、信用できない人の特徴や性格を観察し、理解することが大切です。信用できない人と仕事上付き合っていくために、3つの対象方法を実践しましょう。...
ABOUT ME
アバター
sudakosan
当サイトでは、工場の仕事に興味のある人や工場の仕事から転職したい人に向けて、10年以上工場勤務を続けてきた経験を元に、工場勤務のメリット・デメリット・人間関係・工場勤務の体調管理などについて紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です