人間関係

職場にいる気分屋から身を守る5つの方法!

皆さんの職場に気分屋の先輩や上司はいませんか?

製鉄所の工場で働いている僕の職場には、気分屋の人が多く、後輩や弱い立場の人たちは対応に困っています。

その日の気分で、出勤してきた時から機嫌が悪く、ピリピリした嫌な雰囲気が流れています。

気分屋の人に限って仕事ができるので、怖くて反論できなかったり、命令に従わなければなりません。

このような気分屋の人と上手く付き合う距離感って難しいですよね?

気分屋の先輩や上司にうまく対処するには、まずは気分屋の考えていることを知っておく必要があります。

みんな気分屋の一面を持っている

人間誰しも、その時の気分によって態度が変わってしまうことってあると思います。

僕もどちらかというと感情が顔に出やすいタイプだし、ほとんどの人が気分屋の一面を少なからず持っているはずです。

でも皆さんは、職場で嫌なことや上手くいかないことがあっても、感情を表に出ないようにグッと押し殺しているのではないでしょうか?

職場で感情を抑えることができず、一緒に仕事をしている人に八つ当たりしたり罵倒したりするという行為は、大人の行動・態度ではないですよね。

気分屋で感情をコントロールできない人は、機嫌が悪いことを知ってほしいとか、機嫌の悪さを周囲に表現することでストレスを発散しているのです。

気分屋の特徴

気分屋の人には具体的にどのような特徴があるのか観察してみました。

自分の思い通りにいかないと嫌だ

気分屋の人は、一緒に仕事をしていて自分の思い通りにいかないと機嫌が悪くなる傾向が強いです。

相手を自分の思い通りにコントロールするために、威圧的な態度をとり無言の圧力をかけてきます。

言葉には出さないけれど

「もっと上手く仕事しろよ! もっと早くできるだろ!?」

と言っているようで、その場の空気や雰囲気を察知しながら仕事をしなければいけません。

そして時々舌打ち大きくため息をついたりして、無言の圧力で攻撃をしてくるのです。

そんな攻撃をされた後輩や立場の弱い人たちは萎縮してしまい、ますます上手く仕事が出来なくなってしまいます。

自分が常に上の立場でいたい

気分屋の人が、上司や他の人には優しく接しているのに、自分にだけ当たりが強いとか機嫌が悪いと感じたことはありませんか?

それは、気分屋の人があなたを攻撃することで常にあなたよりも上の立場にいたいと考えているのかもしれません。

気分屋の人は一緒に仕事をしている人たちよりも優位に立ちたいと考えています。

優位に立つことで自分の機嫌が良くなるからです。

あなたが優しく接してくれることをいいことに、陰で悪口を言ったり、面と向かって罵倒してきたり、目を付けた特定の人にだけ機嫌の悪い態度をとってきます。

ようは、自分より弱い立場の人たちに目を付けて、気が晴れるまで機嫌の悪い対応をしていたいのです。

気分屋の人に上手く対処する5つの方法

気分屋の人の特徴を理解したうえで、どのような方法で対応していけばよいのか考えていきましょう。

機嫌が悪い時は近づかない

相手の機嫌が悪い時は近づかないことが一番です。

相手の機嫌が悪いと察知したら、なるべく関わらないように距離を置きましょう。

最低限の業務連絡などのみを伝えるようにして、あとは放っておけばいいのです。

気分屋だから機嫌が悪くなる理由もわからないし、いつ機嫌が直るかわからないのですから。

休憩中も気を遣って話しかける必要はありません。

もしかしたら機嫌が悪いのを皆に察してほしいと思い「なんでみんな気付いてくれないんだよ!」とさらに機嫌が悪くなるコトもあります。

でも、その人の機嫌が悪いことなんて知った事ではありません。

機嫌が悪いのはその人の責任です。

気分屋の人は自分の機嫌が良くなると何事もなかったようにケロッとしていませんか?

「自分は何も悪くない! 悪いのはお前らだろ!?」という態度で対応してきます。

気分屋の人の一時的な機嫌に付き合うと、とても体力・気力を使ってしまいます。

仕事を終えて帰る頃には身も心もヘトヘトです。

気分屋に付き合うほど無駄な事ってないのです。

優しいあなたは、気分屋の人の為に気を遣ったり話しかけたりしようとするかもしれません。

しかし、気分屋の人が機嫌が悪い時は、適度に距離を保ちなるべく関わらないようにした方がいいでしょう。

気分屋がどう思っていようが気にしない

仕事中のあなたの行動で相手の機嫌が悪くなっても、あなたが悩む事は何もありません。

これは僕の職場でもよくあるシーンなのですが・・・

例えば自分の仕事も気分屋の仕事も忙しかったとします。

本当は手伝いに行きたいけど行けない状況です。

自分の仕事が忙しいと知らない気分屋は「どうせあいつは暇なんだろ!?」と決めつけ、だんだん機嫌が悪くなっていきます。

そして後から「なんで手伝いに来なかったんだよ!」と理不尽に怒りはじめるのです。

「自分も忙しかったんです」と言っても「そんなの聞いていない」と聞く耳を持ってくれません。

それどころか更に機嫌が悪くなることさえあります。

でも、全く同じ状況でも「どっちも忙しいからしょうがないよ」「こっちが早く終わったら手伝いにいくね」等と言ってくれる優しい先輩や上司もいるのです。

解釈の仕方、捉え方は人それぞれです。

気分屋の人が機嫌が悪い時はいつものことだと割り切って気にしないことが一番です。

いちいち気分屋のいう事に耳を傾けているとストレスが溜まっていくだけですからね。

人を変えるというのは難しいですが、自分の考えを変えることは簡単です。

気分屋の機嫌が悪くなったら

「またはじまったよ・・・」「あんなに怒ってて疲れないのかね」「いつも怒ってて可哀想な人だよ」

などと軽く受け止め、相手の機嫌を取ることに一生懸命にならないようにしましょう。

裏で同僚や後輩と愚痴を言い合おう!

一人作業の場合ならいいのですが、何人かで一緒に仕事をする時、気分屋の人がいるだけでとても気を遣いますよね。

「失敗したら怒られる」「あの人の好みに合わせなければ機嫌が悪くなる」「早く仕事を終わらせなければ怒鳴られる」

いろんな事を考えて空回りしてしまい、結局上手くいかない・・・

そうやって負のスパイラルに陥ってしまうのです。

気分屋の上司や先輩って、だいたい後輩や立場の弱い人達から嫌われているコトが多いです。

僕の職場では気の合う同僚や後輩と愚痴を言い合ってストレスを発散しています(笑)

被害者の会みたいな感じで飲み会を開いたり、語り合うのもおススメです!

話をするだけでもスッキリすることってありますから。

仕事中はハイ、ハイ、と笑顔で対応して、裏では被害者の会の皆で文句を言っていればいいのです。

頼れる先輩や上司に相談する

他の皆とは楽しそうに談笑しているけれど、自分と仕事をしている時や話している時だけ機嫌が悪い対応されると「自分だけ嫌われているのか?」と不安になってしまいますよね?

でも、他の人に話を聞いてみたりすると「あの人も機嫌の悪い対応されたみたいだよ!」とか「機嫌悪い日多いよね!」と返事が返ってくることが多いです。

このように他にも被害者がいることを知ったら、頼りになる先輩や上司に相談してみましょう。

気を遣って違う現場にしてもらったり、上司に報告してくれたり、あなたの為に動いてくれることもあります。

実際に「このまま〇〇さんと同じ職場で仕事をするなら会社を辞めようと思っている・・・」と先輩に相談した後輩がいました。

その先輩が上司に取り繕ってくれて、気分屋の先輩と違うグループに変えてもらった社員もいます。

グループが変わるとまた違う犠牲者が出るのですが・・・(´;ω;`)

とりあえずその場は難を逃れることができます。

このように気を利かせて動いてくれる先輩もいるので、頼れる先輩や上司に相談してみましょう。

とことん逃げる

上司や先輩が気分屋の場合は、毎日顔を合わせなくてはいけないし辛いですよね。

相手の機嫌がどんなに悪くても業務連絡は必ずしなくてはいけません。

報告・連絡・相談などは周りの人からしたら些細なことでも、気分屋のことが怖くて嫌いな人にとっては、とても緊張し胃が痛くなる思いをすることだってありますよね。

どうしても気分屋のことが嫌で精神的にも体力的にも限界がきてしまったら、とことん逃げることも大事です。

逃げることを「根性無し」とか「恥ずかしいやつ」などと言う人もいますが、気分屋の人が怖いという事実は変わらないのです。

逃げずに立ち向かう勇気のある人もいますが、立ち向かうこともできずに我慢を続け、白髪が増えた・ハゲてきたという人を沢山見てきました・・・(笑)

それだけで済めばいいのですが、気分屋の攻撃を耐え続けて体調を崩して仕事ができなくなってしまっては、元も子もありません。

ですから、会社を辞めたいくらい辛いのであれば逃げたっていいのです。

逃げるときに後ろを振り返ってはいけません。

後ろを振り返ってしまうから嫌な人につかまったり、転んだりしてしまうのです。

その結果、鬱になったり引きこもりになってしまうことだってあります。

後ろを振り返らず前だけをみて全速力で逃げましょう!

逃げるという事は次のステップに進む第一歩です。職場を異動させてもらうようにお願いしたり、いっそのこと会社を変えてしまうのもおススメします。

気分屋が自由にしている職場は会社が腐っている証拠

気分屋の人に悩まされている人がいるのに、何も対応してくれない職場は根本的に腐っているといえます。

そんな職場はこちらから辞めてやりましょう。

転職サイトのリクナビNEXTなら求人数が業界トップクラスなので、あなたに最適な求人を見つけやすいんです。

これまでの経歴や性格診断、あなたの希望などから、あなたにぴったりな求人を探して紹介してくれます。

今の会社で働きながらサイトに登録して転職活動をしても大丈夫です。

それなら仕事がなくなる心配もなく、安心して転職活動することができますよね。

仕事は楽しくのびのびやってこそ成長できるものです。

イヤイヤ仕事をやっていても何も身につくことはなくあなたの為になりません。

気分屋に振り回されて消耗しきっているなら、あなたが楽しく輝ける会社に転職して今よりレベルアップしちゃいましょう。

【⇩自分らしく楽しく働きたい人は今すぐ登録】

転職・求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】 

まとめ

  • 機嫌が悪い時は近づかない
  • 相手がどう思っていようが気にしない
  • 表では笑顔で対応、裏では愚痴を言い合う
  • 逃げるときはとことん逃げる

「あれ?当たりが強いのは自分だけ?」と不安になるかもしれません。

しかし、気分屋の人は自分を中心に仕事が回っていると思っているので、あなたが悪いことなんて何もありません。

気分屋の人の機嫌が悪い時は距離を保ち、顔色をうかがったり機嫌をとるような対応は避けましょう。

同僚や後輩と愚痴を言い合ったり、転職サイトに登録するだけでも、あなたの気持ちはスッキリ楽になるはずです。

是非、本文を活用していただき、職場の人間関係の悩みを解決していきましょう。

男の職場は縦社会が多い!体育会系の先輩・上司と上手く付き合う方法製鉄工場の現場作業など、男ばかりの職場は縦社会の場合が多いです。 体育会系の先輩や上司ばかりで、上下関係がハッキリしています。 ...