男の職場は縦社会が多い!体育会系の先輩・上司と上手く付き合う方法

NO IMAGE

工場勤務の現場作業などの男ばかりの職場は、縦社会の場合が多いです。

体育会系の先輩や上司ばかりで、上下関係がハッキリしています。

学校の部活動では「3年生は神様で1年生は奴隷だ」と言われたように、工場勤務の現場作業でも後輩は先輩に逆らえないような雰囲気があります。

オラオラ系が多いのも原因の一つで、目を付けられたイジられキャラは、みんなの前で馬鹿にされたり笑い者にされるので、「〇〇さんの顔を見るのも嫌だ」という状態にまで追い込まれてしまうこともあります。

縦社会や体育会系の雰囲気が嫌で会社を辞めたくなる若手社員もたくさんいます。

 

この記事ではそんな縦社会や体育会系の職場で身を守る術を紹介していきます。

とりあえず縦社会や体育会系の嫌いなところを体験談などからまとめてみました。

 

 男の縦社会、体育会系の嫌なところ

 そもそもノリが嫌だ

体育会系のノリが嫌いで面倒臭いという人も多いと思います。

もともとの性格が合わないので、なるべく関わりたくないと感じている人もいるのではないでしょうか?

大人しい人、できるだけ一人でいたい人、自由に動きたい人などにとっては体育会系の人の心理を理解するのは難しいことでしょう。

そもそも理解もしたくないと思っているのでは・・・(笑)

 

体育会系の人というのは、集団で規律を守り先輩を敬いなさいという、古き良き日本人のようなタイプの人間が多いです。

学生からの名残りで、先輩や上司の命令は絶対なので、あまり反発をしません。

 

なので、上司や先輩にはヘコヘコして「僕はあなたに従順です」みたいな態度をとって可愛がられたりしますが、裏ではその先輩や上司の悪口を平気で言ったりしています。

その分、後輩には命令したり、馬鹿にしたり、上から目線で話をしたり、先輩や上司という立場を最大限に使用してきます。

社会人になっても学生の気分が抜けず、学生の延長で人と接すしてきます。こういう体育会系の先輩や上司は尊敬できないし、ついていきたいとは思いませんよね。

 

僕の職場にいる体育会系の人はとにかく声が大きいです(笑)

話している素振りや見た目から「どう見ても体育会系じゃん!」とツッコミたくなるほどです。

とにかく仕事に対してアツい人で上司に嫌われたくないオーラが半端ないです(笑)

相手が先に意見が折れたり、納得するまで大声でずっと話しているので、第三者の場合でも耳に入ってくるだけで嫌になってきます。

 

上下関係が息苦しい

体育会系の人は上下関係をとても大事にしています。

社会人になって数年も経っているのに、先輩に対して敬意を払い、絶対に逆らえないような関係を築こうとしています。

いまだに学生気分が抜けず、後輩をイジメたり、パシリに使ったり、絶対的な発言権や決定権を持とうとするから厄介者です。

いつまでも大人になれず、幼稚なことだなと思います。

 

このよな体育会系を好きだという人は現代社会では少なくなったと思いますが、先輩や上司には、まだまだこのような考えの人がいるので深入りするのは危険です。

体育会系に馴れていない人や嫌いな人にとっては、このような上下関係に息苦しさを感じていることでしょう。

もっと開放的で自由な上下関係を求める人には、体育会系の上下関係にはついていけないと思っているのではないでしょうか。

 

威圧的で一緒にいる雰囲気がイヤ

体育会系の人は威圧的な態度をとってくる人が多いです。

体育会系の人は嫌いな人はとことん嫌う傾向にあるので、その人と同じ現場になっただけで機嫌が悪くなり、一緒の空間にいるだけで嫌な雰囲気が流れます。

 

そんな人と一緒に仕事をして万が一ミスでもしたら、ひどい仕打ちが待っています。

先輩なのに庇ってくれるわけでもなく、一方的に悪者にされ、みんなの前で馬鹿にし笑いものにしてくるのです。

「自分は何も悪くない、悪いのは全部あいつだ」と上司の前でアピールして自分の株をあげようとするのでたちが悪いです。

 

僕の職場では体育会系の人が「お前は本当に仕事が下手だよな」とみんなの前で馬鹿にしたり、「あいつは本当に仕事が下手なんですよ」と平気で上司に話すので、言われた人の評価はどんどん下がっていきます。

馬鹿にされているのを目の当たりにしている後輩たちは「自分も仕事が下手だとか言われたら嫌だ」と思ってしまい、新しく仕事を覚えるのが嫌だと相談してくるほどになってしまいました。

 

みんな「体育会系の人がいる前ではなるべく話さないようにしよう」などと考えてしまい、職場の雰囲気はどんどん悪くなってしまいます。

 

命令口調で強制的

先輩や上司に体育会系の人があると、いろいろなことを強制してきます。

何を頼むにも命令口調だったり、口調は柔らかいけれど「絶対断るなよ」という雰囲気で拒否することを決して許そうとはしません。

先輩が言うこと・やることは全て正しいんだという考えでいて、否定をしたり断りでもするようなものなら、腹を立て機嫌がわるくなり、雰囲気がどんどん悪くなってしまいます。

 

怒らせないように機嫌を取りながら仕事をしなければいけないので、気力も体力も使うばかりです。

 

体育会系の人との飲み会が一番キツイ

体育会系の人との絡みで一番キツイのが飲み会ではないでしょうか?

学生時代から鍛えられてきた人たちは、飲み会などみんなの前で大騒ぎをして盛り上げようとしてきます。

盛り上げ方も体育会系の男臭い盛り上げ方といいますか、「俺が注いだ酒が飲めねぇのか?」とか「お前グラス空いてんじゃん!」とか言って一気飲みを強制したり、「〇〇一発芸しろ!」などと強要したりしてきます。

飲み会は騒ぐのが当たり前と思っているのか、酒が強いだの弱いだの、あの先輩を飲ませて潰そうだの、いい年した社会人がとても幼稚な話をしていませんか?

 

盛り上げてくれるのは有り難いことですが、もう少し落ち着いた雰囲気で飲みたい人や、集団での飲み会が嫌いな人もいます。

というか体育会系みたいな飲み方をする人がいるから、会社の飲み会が嫌いになる後輩が増えていくのです。そのノリが嫌いな人の気持ちはなかなか伝わらないものです・・・(´・ω・`)

 

関連記事:もうすぐ忘年会シーズン!会社の楽しくない大嫌いな飲み会を乗り切る方法

 

体育会系の人に上手く付き合う方法

体育会系の人が嫌いだけど、毎日顔を合わせるし嫌いとばかり言ってられないですよね。

では、男の縦社会・体育会系の人と上手く付き合っていくにはどうしたらよいでしょうか。

適度な距離感を意識して接する

あまり関りを持たずに適度な距離感で接したほうがいいでしょう。

体育会系の人は仲間意識が高いです。気に入った同僚や後輩がいたらグイグイコミュニケーションをとってこようとします。

そして自分の意見や考えを相手に強要したり、自分が辛いと感じた仕事は「これはみんなでやる仕事だよな!?」と変な解釈をして仕事を押し付けてきます。

 

体育会系の人の考えを変えようとすることは非常に難しいことです。あなたの考えや意識を変えて、これ以上深入りしたら危ないと感じたら適度な距離を置き対応するようにしましょう。

 

心優しいあなたは、いくら体育会系の人が嫌いだとしても、職場の雰囲気が悪くなってしまうと感じ自分から話しかけたりコメントしたりしてしまいますよね。

そうすることで体育会系の人は「俺は後輩に気に入られているな」と都合よく解釈するので、あなたのプライベートにもどんどん侵入してくるようになります。

僕の職場の後輩は優しい性格なので、体育会系の先輩が大っ嫌いだったのに、よくコミュニケーションをとっていました。すると、休憩中や仕事が休みの日でもその先輩からLINEや電話が来るようになったのでウンザリしてしまい、気を遣って話をしていたことに後悔していました。

無理にコミュニケーションをとらなくていいので「これ以上は危ないな」と危険を察知したら、適度に距離をとってコミュニケーションをとったほうがいいでしょう。

 

嫌なものは嫌だ!ハッキリ意思表示しよう

 

体育会系の人には、良いのか悪いのかハッキリと意思表示するほうがいいでしょう。

自分の意見を伝えずにモジモジしていると「なんだよ面倒なやつだな!」とイライラさせてしまい、そこからみんなの前で馬鹿にされたり笑いものにされたり、いつのまにかイジられキャラになっていたということもあります。

 

又、自分の意見を言えないでいると「じゃあ俺と同じ意見なんだな」と相手のいいように勝手に解釈されてしまいます。

そこから勝手に体育会系の仲間入りにされ、都合のいい後輩となってしまうのです。

 

嫌いな体育会系の人とストレスを感じることなく接するには、相手に同調しないということが大事です。

先程も言いましたが、体育会系の人には仲間意識が高い人が多く、同じ目的の人と協力して何かを成し遂げたいという考えを大切にしています。

ですから、自分は体育会系側の人間ではないと相手にわからせてあげればよいのです。

 

相手に話を振られても「そうなんですね。でも自分はこうしたいです。」とか、自分から「僕はネットとかゲームが好きで」などと体育会系ではないことをアピールしたり、ちょっと塩対応したりするのもいいですね(笑)

仲間意識ようり一匹オオカミ感をアピールしたりすることで、相手が勝手に「自分とは全然趣味の合わない人間だな」と判断してくれます。

 

僕自身も体育会系のゴリゴリな感じの先輩が苦手で、先輩が知らないようなアニメやゲームの話をしたり、先輩が嫌いそうなキャラの人達と会話をすることで「自分は体育会系の人間ではないですよ」とアピールしてました。

そうすることで、苦手な体育会系の先輩のから回避していました。気付けば先輩の方から近づいてくることはほとんどなくなりました。

 

同じ境遇の同僚や後輩と愚痴を言い合う

同じ境遇で同じ悩みを持っている人って結構いるものです。

一人がその相手のことを嫌いだと言った場合、同じように思っている人が何人かいるはずです。その悩みの種の相手は性格が悪くほとんどの人に嫌われていることが多いです。

 

同僚や後輩に相談すると「俺もあの人苦手なんだよね」「命令口調で怖いから一緒に仕事したくない」など、あなたの悩みに同調してくれる人が必ずいるはずです。

 

僕の職場では気の合う同僚や後輩と愚痴を言い合ってストレスを発散しています(笑)

被害者の会みたいな感じで飲み会を開いたり、語り合うのもおススメです!

話をするだけでもスッキリすることってありますから。

仕事中に体育会系の人に絡まれたら「また命令してきたよ、毎日大声出して疲れないのかね」くらいに軽く受け止めて、裏では被害者の会の同僚や後輩のみんなと文句を言っていればいいのです。

 

気が利く先輩に相談するのもいいです。

気を遣って違う現場にしてもらったり、上司に報告してくれたり、あなたの為に動いてくれることもあります。

実際に「〇〇さんと一緒だったら会社を辞める!」といって、班を変えてもらった社員もいます。

班が変わるとまた違う犠牲者が出るのですが・・・(´;ω;`)

 

一人で抱え込まず同僚や先輩・後輩と愚痴を言い合いましょう。

それだけでも精神的に大分楽になりますよ。

 

どうしても体育会系の人が苦手で我慢の限界がきたら・・・

大嫌いな体育会系の人に付きまとわれて、もう精神的にも体力的にも限界だという人もいるのではないでしょうか?

そういう人はいつでも会社を辞めれる環境を作りましょう。

転職サイトに登録して他にどんな求人があるか調べるのです。そうするだけでも「性格の悪い先輩や上司になんか言われたらいつでも会社を辞めてやる!」と開き直り、精神的にスッキリしてとても楽になりますよ。

 

リクナビNEXTなら、あなたの情報や希望を入力しておくと、あなたの登録情報にぴったりな求人を紹介してくれます。

そこで様々な求人情報を見ながら「今の会社を辞めても自分には次があるんだ」と実感できます。「いつでも今の仕事を辞めれる」と思えるだけであなたの心はだいぶスッキリするはずです。

 

リクナビNEXTは今すぐ転職希望が無くても、とりあえず登録しておくだけでも大丈夫です。

登録したから絶対に転職しなければいけないということはないですし、早く転職しなさいと催促されるわけでもありません。

 

リクナビNEXTから転職して、人間関係の悩みも解消したと喜んで話す友人も実際にいます。

その友人は、人間関係の悩みも解消した上に、給料も休みも増えていい事ばかりだと自慢げに話してきます。(笑)

一度きりの人生、仕事の悩みに振り回されずに生きたいですよね。そのためにも是非リクナビNEXTに登録しておきましょう。

 

【⇩自分の人生を今より楽しくしたいなら今すぐ登録】

リクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

関連記事:工事勤務から未経験の業種に転職して年収アップ!人間関係の悩みも解消した友人の話

人間関係カテゴリの最新記事