愛犬の鼻がピンク色で色素が薄いけど大丈夫なの?

愛犬の鼻がピンク色で色素が薄いけど大丈夫なの?

仔犬の頃から鼻がピンク色で色素が薄い

どうも「酢だこ」です(^^)/

愛犬の先住犬「ふく」は仔犬の頃から鼻がピンク色でした。

目の周りもピンク色、肉球も真っピンクで成犬になっても色素が薄いままです。

画像は生後3か月のふくです。

きゃわいー!!!(こんなに可愛いのに甘噛み半端なかったんだって・・・)

関連記事:「ふく」の甘噛み期を乗り切った方法はコチラ

よーく見ると眼球もうっすらブルーが入ってます。

 

そしてピンク色の鼻のせいで、毛が伸びるとコウモリみたくなります(笑)

 

ふくが家に来て2年が経ちます。

今更ですが・・・本当に今更ですが、ピンク色の鼻がずっと気になっていました。

ピンク色の鼻や色素について調べたので紹介していきます。

 

それではいってみよう!

 

仔犬の頃から鼻がピンク色

犬の鼻は本来真っ黒でツヤツヤとした色をしています。

しかし、ここ最近の小型犬ブームや悪質なブリーダーによる無計画な繁殖、成長不良など、様々な理由から生まれた時から鼻の色がピンク色をしている犬も増えているようです。

このような症状は病気とまでは言わないまでも、先天性疾患の一種と言えます。本来持ち合わせているべき色素をもたずに誕生しているからです。

 

先天性疾患を持つ犬の多くは、目の淵(目の周り)の色も薄いピンクや薄い茶色をしています。

小型犬だけでなく、大型犬にも見られることが増えているようです。

このような特質を持つ犬は、黒い鼻を持つ犬に比べ、身体的な不調が起こりやすかったり病気になりやすいとも言われています。

シニア期を迎えてからは、より一層愛犬の健康に注意をして観察してあげることが重要です。

 

もしかして「ふく」が他のワンちゃんとなかなか仲良くなれない理由は、

このピンク色の鼻に原因があるのか!?

ワンピースのチョッパーが「青っ鼻」と群れから追い出されたように・・・(笑)

 

色素が薄いけど大丈夫?

一般に色素といわれるものは「メラニン色素」の事です。

メラニン色素は外部からの有害物質から犬の身体を保護してくれる役割があります。

 

メラニン色素の密度が濃いと黒くなり、隙間なくびっしりとある為きちんと身体や皮膚を保護してくれるのですが、色素が薄いほど皮膚ガンやいろいろな疾患にかかる危険性が高くなります。

 

色素遺伝の極端に薄い子はアルビノといって、遺伝的に内臓疾患を患っていたり、目が見えなかったりする事もあります。

又、色素の薄い犬は他の犬に比べ紫外線に弱いので、長時間の散歩時は避けたり、長時間紫外線に触れさせる事のないようケアしてあげる事が大切になってきます。

 

今思うと・・・

2年も一緒に生活していて恥ずかしいのですが、今思うと色素が薄いという影響は少なからず「ふく」の身体に影響が出ていました。

日差しが強い日や風が強い日に散歩に行くと、目を真っ赤に腫らし涙を流している事が多々ありました。

何かのアレルギーかな?と疑問には思っていたのですが、今思うと色素が薄いという事が影響していたのですね・・・。

気づくのが遅くてごめんね・・・

 

ふくは家の窓から外を眺めるのが好きなのですが、いつも眩しそうな顔をしています。

ただ写真映りが悪いだけだと思っていたのですが、色素が薄く紫外線に弱いからだったのです。

 

他のワンちゃんより日差しが眩しく感じるんだよね・・・。

外で写真を撮ると上の写真のようにほとんど目を細めた顔をしています。

毛がモサモサしているから秋田犬ジュニアみたいな感じです(笑)

 

ペットショップで出会った頃から、ピンク色の鼻なんて珍しいなと思っていましたが、スタッフから特に何も言われなかったので気にもしていませんでした。

生後2か月の仔犬なのにどんどん値段が下げられたので「こんなに可愛いのにどうして?」と思ったのを覚えています。

 

もしかしたら病気や紫外線に弱いというのをペットショップのスタッフは知っていたかもしれませんね。

あくまで推測ですが・・・

 

色素が薄くても心配しないで

色素の薄いワンちゃんと暮らされている方、現状健康状態に問題がなければそれほど神経質になる必要は無いと思いますが、どんな犬でもシニア期になると病気にかかりやすくなるのは事実です。

ふくも今のところは特に目立った疾患や病気はありません。

ナイーブな性格のせいかたまにお腹を壊してピーピーいわせていますが・・・。

関連記事:先住犬「ふく」の紹介はコチラ

色素の薄いワンちゃんは紫外線に弱いです。

長時間紫外線に触れる事がないよう散歩の時間を調整したり、UVカットの効いたシャンプーを使用したり、目薬を処方してあげたり、老後の為にもきちんとケアしてあげて下さい。

 

犬用のサングラスを掛けたり洋服を着させて散歩に行くのがおススメです。

ふくにも犬用のサングラス買ってあげようかな・・・👓

 

 

『ふく』と『ぺこ』カテゴリの最新記事